藤井直伸の高校・大学はどこ?中学時代の部活はバレーしかなかったって本当?

男子バレーボールの藤井直伸選手は、イケメンセッターとして東京五輪でも大活躍されました。

藤井直伸選手の学生時代も気になるところですね!

そこで今回は、藤井直伸選手の出身高校や大学はどこなのか、中学時代の部活はバレー部しかなかったって本当なのか調べてみました。

目次

藤井直伸プロフィール

名前:藤井直伸(ふじい なおのぶ)

生年月日:1992年1月5日

年齢:30歳

出身地:宮城県石巻市

身長:183cm

体重:78kg

血液型:O型

所属:東レアローズ

藤井直伸選手は、宮城県石巻市生まれの30歳です。

身長が183cmで体重が78kgと、バレーボール選手としては平均的ですが、ルックスや性格がとても良く、みんなから慕われています。

藤井直伸の出身中学・高校・大学はどこ?

中学時代はバレー部しかなかった?

藤井直伸選手の出身中学は、石巻市立大須中学校です。

藤井直伸選手は、石巻市立大須中学校に入学した時、スポーツ系のクラブ活動がバレーボール部しかなかったことから、やむなく同部へ入部したそうです。

でも今から考えると、すでにバレーボールをやるために生まれてきた、申し子のようですね!

運動部がバレーボール部だけしかないというのは、あまり聞いたことがありませんね!

でも、それだからこそ、わき目も降らず一心に取り組めたのかもしれませんね~

高校時代

藤井選手の出身高校は、宮城県古川工業高等学校です。

古川工業高等学校は、宮城県大崎市にある公立の共学校であり、「古工」または、「古テク(ふるてく)」の愛称で親しまれています。

また、同校は宮城県内の「スポーツ名門校」として知られており、バレーボールの強豪校で有名です。

藤井選手は、高校時代は身長が高かったため、自分が決めた方が早いとアタックをバンバン撃つ攻撃的なセッターだったそうです。

野球で言うなら、ピッチャーで4番バッターのような感じでしょう。

大学時代

藤井選手の出身大学は、順天堂大学です。

藤井選手が大学1年の時に、実家が東日本大震災で被災してしまいます。

そして、家族が職を失いバレーを続けられる状況ではなくなったそうです。

しかし、大学では藤井選手ら被災者に、学費免除の救済措置を取ったことでバレーを続けることができたそうです。

また、藤井選手はこの時、バレーボールを辞めようかとも考えていたそうですが、両親が続けることを説得したのではないかと推測されています。

藤井直伸の主な経歴

藤井直伸選手は、大学卒業後、東レアローズの内定選手となります。

安定したサーブレシーブに加えて、クイックを多用する藤井選手のトス回しで、チームを8年ぶりの優勝に導くなど、大きな貢献をしたことで、自らもベスト6に輝いています。

2017年3月には、全日本メンバーに初招集され、バレーボール・ワールドリーグポプラート大会で、シニア国際大会でデビューを果たしています。

2021年には、東京オリンピックのメンバーに選抜され、ベネズエラ戦でオリンピック初出場を果たしています。

また、プライベートでは、2021年9月に、元日立リヴァーレの佐藤美弥さんとの結婚を発表しました。

藤井直伸の高校・大学まとめ

今回は、藤井直伸選手の出身高校や大学はどこなのか、中学時代の部活はバレー部しかなかったって本当なのか調べてみました。

藤井直伸選手は、中学校に入学して、運動部がバレーボール部しかないことから、やむなくバレー部に入ったそうです。

出身高校は、スポーツの名門校で、バレーボールの強豪校としても有名な、宮城県古川工業高等学校です。

高校卒業後は、順天堂大学を経て、東レアローズに入り、大活躍を見せています。

最近、病気のことも発表されたようですが、元気な姿を待ち望んでいるファンが大勢いますので、ぜひ完治して戻ってきて欲しいですね。

応援しています!!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる