平田敦子(猫おばさん)はバセドウ病?目つきが怖いし顔変わったか調査!

女優の平田敦子さんは、日テレドラマ「真犯人フラグ」で、猫おばさんを熱演されています。でも目つきがちょっと怖いですね!

そこで今回は、猫おばさん役の平田敦子さんはバセドウ病なのか、目つきが怖いし顔変わったかを調査しました。

目次

平田敦子(猫おばさん)はバセドウ病?

https://twitter.com/shinfla_ntv/status/1495956546496626689

日テレドラマ「真犯人フラグ」で、猫おばさんを熱演されている平田敦子さん。

目つきがとても怖いですね~

目力が凄いんでしょうね。

でも、何か違和感のある目つきが気になります。

SNSでは、「顔がむくんでいる」「目つきに違和感がある」「顔が怖い」など、その特徴的な顔や目つきに関する情報が多く見られます。

そこで「バセドウ病ではないか」との声が上がっています。

「バセドウ病」とはどのような症状があるのか、調べてみました。

バセドウ病

バセドウ病を発症すると、甲状腺ホルモンの過剰分泌が引き起こされ、全身の臓器に作用して新陳代謝を促す作用があるという。

目を動かす筋肉や脂肪に炎症を引き起こすことで腫れを生じ、目が内側から押し出されるように見える”眼球突出”が現れるのもバセドウ病の典型的な症状の1つだという。

引用元:Medical Note

バセドウ病では、甲状腺ホルモンの過剰分泌により、眼球突出が現れるのが典型的な病状のようですね

でもこの病気は、甲状腺ホルモンを薬によって分泌量を抑えたり、反対に薬で補うことができることや、手術や放射線治療で治すこともできることから、バセドウ病そのものは治療法が確立された病気のようです。

平田さん自身がバセドウ病なのかどうかは不明ですが、顔の腫れや、目つきなどが少し気になるところですね。

平田敦子は目つきが怖いし顔変わった?

平田敦子の若い頃は

平田敦子さんの若い頃の画像を見ると、輪郭や目力は変わっていないような感じがしますが、加齢のせいもあるのでしょうか、顔が若干変わっているようにも見えます。

演技派の女優さんだけあって、目力はやはりすごいようですね。

岡田准一さん主演の「SP」では、役柄が事務のおばちゃんでしたから、ちょっと雰囲気が違いますが、目力は凄いです。

昔の画像と比較すると、やはり顔が腫れているようには感じますね。

平田敦子のプロフィール

名前:平田敦子(ひらた あつこ)

生年月日:1963年7月2日

年齢:58歳

出身地:東京都

身長:158cm

血液型:A型

主な作品:『SP 警視庁警備部警護課第四係』・『家政夫のミタゾノ』シリーズ・『真犯人フラグ』

みんなの声は

若者B

猫おばさんのキャラが強すぎて、顔が
忘れられない!

女性B

猫おばさんの平田敦子さんにロックオン!
スポット当たってないときの表情もずっと演じておられる顔が好き!

会社員A

平田敦子さんはゆるキャラに磨きがかかっていて凄い!

女性A

猫おばさんの平田さんの顔が怖すぎて、忘れられない!
凄い役者さんですね!

平田敦子(猫おばさん)はバセドウ病まとめ

今回は、猫おばさん役の平田敦子さんはバセドウ病なのか、目つきが怖いし顔変わったかを調査しました。

平田敦子さんがバセドウ病なのかについては、顔が腫れているようで、目に違和感があることから噂となっていますが、特定はできませんでした。

でも、目力は凄いですよね。

若い頃とは顔が少し変わったように感じられるのは、加齢のせいもあるのでしょうが、役柄で変わるのかもしれませんね。

いずれにしても、記憶に残る凄い役者さんですね。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる