今井胡桃は松本大学で高校はどこの進学校?兄もプロ選手で家族構成を調査!

スノーボード・ハーフパイプの今井胡桃選手が、北京オリンピックの日本代表に決定しました。

平昌五輪に続いて2大会連続ですね!

そこで今回は、今井胡桃選手は松本大学の卒業で、高校はどこなのか、また、兄や家族構成についても調査しました。

目次

今井胡桃のプロフィール

名前:今井胡桃(いまい くるみ)

生年月日:1999年9月24日

年齢:22歳

出身地:長野県上田市

身長:148cm

体重:50kg

今井胡桃選手は、長野県上田市の生まれで22歳です。

今井選手がスノーボードを始めたのは5歳の時に、父と兄の影響から始めたそうです。

また、兄が剣道をやっていたことから、小学校に入学後、剣道も習い始め、毎日厳しい稽古を続け、6年間頑張り通したそうです。

スノーボードでは、小学校2年生の時に、初めて地元のハーフパイプの大会に出場しましたが、優勝できなかったことが悔しくて、そこからのめり込んだという。

小学校5年生の時には、新潟県で開催された「第29回全日本スノーボード選手権大会」に出場し、女子ハーフパイプ一般の部で初優勝を飾り、プロ資格を得ています。

中学校2年生の時には、北海道・ニセコHANAZONOリゾートで行われた、「全日本スキー選手権大会スノーボード競技」女子ハーフパイプに出場し、史上最年少優勝を達成しています。

小学校で初めて出場した大会で、優勝できなかったことが悔しくて、ここまで上り詰めたのですね!

剣道を6年間続けたことで、忍耐力と精神力も強くなったのかもね!

今井胡桃は松本大学で高校はどこの進学校?

今井胡桃の出身高校

今井胡桃選手の出身高校は、 長野県佐久長聖高等学校です。

偏差値:59~66

佐久長聖高等学校は、長野県佐久市にある私立の共学校で、中高一貫校です。

東京大学や国公立医学部などの最難関大学への現役合格を目指すコースもあり、県内有数の進学校です。

部活動では、夏の甲子園常連校でもあり、全国制覇した駅伝部、そしてインターハイ出場を誇るバスケ部など非常に活発な学校です。

同校出身の主な有名人は、スピードスケート・ソチ五輪代表の菊池彩花さんや、競輪選手で元スピードスケート選手の今井裕介さんをはじめ、多くの著名人・有名人がおります。

高校時代には、冬季アジア大会に日本代表として出場し、女子ハーフパイプの部で銅メダルを獲得しています。

そして、2018年平昌オリンピックの女子ハーフパイプ日本代表として、出場を果たします。

平昌での本番は、高難度の技を出すことが出来ず、予選通過はなりませんでした。

松本大学で北京五輪へ

今井選手は、平昌オリンピック終了後に、佐久長聖高等学校を卒業し、2022年北京オリンピックを目指して松本大学に進学します。

そして、宣言どおり北京オリンピックへの出場を決めています。

2019年の「冬季ユニバーシアード」で優勝を飾っています。

今井胡桃の両親(父母)や兄弟の家族構成

今井胡桃選手の家族構成は、父親・母親・長男・次男・長女・次女・三女(本人)の7人家族です。

今井選手は、5人兄弟の末っ子だそうです。

お父さんと次男のお兄さんは公表されていますので、ご紹介させていただきます。

今井胡桃の父親

今井胡桃選手のお父さんは、「今井義幸」さんという方で、スノーボード経験者です。

今井義幸さんは、胡桃さんのために国際審判の資格を取得し、競技に関するアドバイスをしてきたそうです。

一生懸命頑張っている娘の胡桃選手のために、お父さんも出来ることは何でもしてあげたかったのでしょう。

素敵なお父さんですね!

そして、自宅敷地内には、練習場を作り、日々練習していたそうです。

今井胡桃の兄はスノーボーダー

今井胡桃選手のお兄さんは、「今井郁海」という方で、胡桃選手とは3歳違いです。

今井郁海さんも小さい頃からスノーボードを始めており、胡桃選手が始めるきっかけにもなっている方です。

高校生でナショナルチームに所属しましたが、世界大会でケガをしてしまい、現役は引退されているようです。

今井郁海さんは、2010年に世界ジュニア選手権に出場、2014年には全日本選手権2位という好成績をあげています。

また、2014年FISワールドカップ開幕戦にも出場しています。

今井胡桃選手にとっては、心強いお父さんとお兄さんですね!

関連記事はコチラ

北京冬季オリンピック2022のスキー・スケート・スノボー人気記事一覧

冨田せなの脳挫傷は後遺症がある?スノーボードのきっかけや戦績を調査!

冨田るきの出身高校や大学・所属は?両親がスノボー大好きで家族構成を調査!

小野光希の高校は成立学園で進学校?両親の職業や兄弟・家族構成を調査!

平野流佳の所属は大学スキー部?高校はどこで兄弟両親の家族構成を調査!

國武大晃の父親は昆虫ブリーダーでスノボー指導者?家族構成や高校は!

今井胡桃は松本大学まとめ

今回は、今井胡桃選手は松本大学の卒業で、高校はどこなのか、また、兄や家族構成についても調査しました。

今井胡桃選手は、長野県上田市の生まれで22歳です。

父親と兄の影響から5歳でスノーボードを始め、持ち前の負けず嫌いな性格から、小学校5年生の時には、スノーボードの一般の部で優勝し、プロ資格を得ています。

小学校時代には兄の影響で剣道もやっており、6年間頑張りと通したことで忍耐力と精神力もついたようです。

進学校の佐久長聖高等学校を卒業し、北京オリンピックを目指して松本大学に入学すると公言し、有言実行のとおり北京五輪の切符を勝ち取りました。

父親が娘のために、スノボーの国際審判の資格を取得してアドバイスをするなど、兄とともに協力的なご家族です。

北京五輪では、ぜひ悔いのないよう頑張ってもらいたいですね!!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる