【大炎上】伊藤正明(吉野家取締役)の年齢や経歴は?慶応大学出身で高校はどこ?

吉野家常務取締役の伊藤正明さんが、非常に優秀な方であると評判です。

マーケティング界では、敏腕マーケッターとして有名な方ですね!

でも、早稲田大学で開いたマーケティング講座にて不適切発言をしたとして大炎上しているようです。

そこで今回は、吉野家の常務取締役の伊藤正明さんの顔画像や年齢・経歴、慶応大学出身で高校はどこなのか調査しました。

目次

伊藤正明の顔画像やプロフィール

伊藤正明の年齢は

名前:伊東正明
株式会社吉野家:常務取締役企画本部長
年齢:49歳
出身大学:慶應大学商学部

伊東正明さんは、吉野家の常務取締役であり、企画本部長という肩書ですね。

年齢については、49歳です。

慶応大学出身で高校はどこ?

出身大学は、慶應大学商学部ということです。

出身高校は不明でしたが、学生時代はラグビーをしていたようですので、体育会系のようですね。

伊藤正明の主な経歴

伊藤さんは、1996年にP&Gに入社し、ファブリーズを広めた本人ということで有名です。

企画本部長というのは、仕事もバりバリ行う、やり手の方なのでしょうね。

P&Gでは、ジョイやアリエール、ファブリーズなどのブランドで、グローバルファブリーズチームのマーケティング責任者を担当していました。

その後、P&Gから吉野家の「常務取締役本部長」になっており、優秀さがうかがえます。

吉野家では、ライザップとのコラボメニューである、「ライザップ牛サラダ」や、ポケモンとのコラボで「ポケ盛」などの実績があります。

【大炎上】伊東正明の不適切発言とは?

吉野家の常務取締役企画本部長という肩書の下で、早稲田大学に向けたマーケティング講座を行い、そこでの発言が大炎上を招いたようです。

その内容は次のとおりです。

受講生のSNS投稿によれば、取締役は自社の若年女性向けマーケティングを「生娘をシャブ漬け戦略」と発言し、「田舎から出てきた右も左も分からない若い女の子を無垢・生娘な内に牛丼中毒にする。

男に高い飯を奢って貰えるようになれば、絶対に食べない」とも話していたという。

引用元:Yahoo!ニュース

若い女性向けのマーケティング戦略について「生娘をシャブ漬け戦略」と説明したのはいけませんね。

伊東正明の発言に吉野家の対応は

吉野家では、伊東常務取締役の発言に対し、次のようにコメントしています。

吉野家の関係者はこの表現について、社内で広く利用しているものではないとした上で、店舗のデザインやコラボキャンペーンをきっかけに若い女性に吉野家を好きになってもらい、何度も来てもらいたいという思いを説明したかったのではないかと話しています。

引用元:Yahoo!ニュース

吉野家ではさらに、「講座内で用いた言葉・表現の選択は極めて不適切であり、人権・ジェンダー問題の観点からも到底許容できるものではない」とコメントし、伊藤常務取締役の発言が不快な思いをさせたとして深く反省しているとしています。

そして、伊藤常務取締役については、会社の規則で厳正に対処するという。

伊藤氏の発言はあまりにも衝撃的すぎましたね!

みんなの声は

若者C

謝罪だけですまないのは本人も分かってるだろうな。

女性B

女性軽視が見え見えの発言。恐らくこの常務は女性に対してそのように思っているんでしょう。

会社員A

この人は本当に常務なの?吉野家は「かなり強い衝撃」を受けているでしょうね!

女性A

「生娘をシャブ漬け」って恐ろしい言葉ですね。
「吉野家」はいつから反社会勢力になったのですか!

伊藤正明の年齢や経歴まとめ

今回は、吉野家の常務取締役の伊藤正明さんの顔画像や年齢・経歴、慶応大学出身で高校はどこなのか調査しました。

伊東正明さんは、吉野家の常務取締役企画本部長という凄い肩書ですね。

年齢は49歳

P&Gを経て吉野家の重役についており、非常に優秀な方のようです。

しかし、早稲田大学に向けたマーケティング講座での発言があまりにも衝撃的でしたね。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる