河辺愛菜の父親の職業や母親・兄弟の家族構成は?実家の祖父がお金持ちって本当?

フィギュアスケートの河辺愛菜選手は、昨年、靴を揃えるためクラウドファンディングを開始したことで話題となりましたね。

フィギュアスケートはお金がかかりますから、大変ですね。

そこで今回は、河辺愛菜選手の父親の職業や母親・兄弟の家族構成、実家の祖父がお金持ちは本当なのか調べてみました。

目次

河辺愛菜の父母の職業・家族構成は

河辺愛菜選手の家族は、父親・母親・弟・本人の4人家族です。

河辺愛菜選手の父親は、名古屋に仕事で単身赴任をされています。

元々河辺選手一家は、名古屋に住んでいましたが、河辺選手が中学2年生の時に競技に専念するため、母親と弟と3人で大阪へ転居しました。

その際に、父親は今まで住んでいた家に残るという形ですね。

河辺愛菜選手の母親は、「河辺美那子」といい、河辺選手が中学生の頃、メディアの密着を受けていた時に、一緒に出演していました。

早朝から練習場へ通う河辺選手の送迎も行っていたそうです。

さらに、練習風景をタブレットで撮影し、それをもとに課題を見つけるなど、河辺選手のために熱心に取り組んできました。

お母さん自身は、フィギュアスケートの経験者ではないようです。

でも娘のためにできることを一生懸命サポートしているのですね!

河辺愛菜の兄弟は

河辺愛菜選手の兄弟は、弟が1人います。

年齢や職業などの詳細については、一般人であることから公表されていませんでした。

家族に有名人がいると、兄弟にも注目が集まりますね。

河辺選手が高校生ですから、弟さんはまだ学生ですね。

学業に専念できるよう、プライベートは表に出していないようです。

河辺愛菜の祖父はお金持ち?

河辺選手の祖父は、「河辺清司」さんといい、カワベ市場開発、青木塾の代表、一般財団法人社会保険協会役員理事などの肩書を持っています。

河辺清司さんは、証券会社系ベンチャーキャピタルで国内外の数多くのベンチャービジネス発掘育成の実績をあげたと言われています。

現在はカワベ市場開発代表であり、一般財団法人社会保険協会役員理事を務められています。

このような組織の代表を務められていることから、河辺選手のサポートをされているのかもしれませんね。

河辺清司さんのブログ内では、河辺選手がアメリカ遠征の選抜メンバーに選ばれたことをことのほか嬉しそうに記述されていました。

また、河辺愛菜選手は、2021年の初めに、スケート靴や冬季オリンピックの費用のためのクラウドファウンディングを行い、話題となりましたね。

一流選手になればなるほど費用がかかり、年間1,000万にもなると言われています。

クラウドファウンディングでは、約5週間で目標金額の200万円を超える235万4000円が集ったそうです。

ご家族だけでの膨大な費用を負担するのは大変なことのようです。

河辺愛菜のプロフィール

名前:河辺愛菜(かわべ まな)

生年月日:2004年10月31日
年齢:17歳
出生地:愛知県名古屋市
学校名:京都両洋高等学校在学中
所属:木下アカデミー

河辺愛菜選手は、愛知県名古屋市生まれの17歳です。

京都両洋高等学校に在学中の現役高校生です。

河辺選手は5歳からフィギュアスケートを始め、すでに小学生の時には、国際大会で優勝していたという。

テレビ愛知では、2018年3月21日に放送した番組「マナのフィギュア日記 ~13歳の選択肢~」で、河辺選手に密着取材をしていました。

関連記事はコチラ

北京冬季オリンピック2022の注目選手のまとめ記事一覧

坂本花織の父の職業は警察官?母親や兄弟(姉)などの家族構成を調査!

樋口新葉の読み方や樋口一葉は親戚?父や母・兄弟(姉)などの家族構成は?

宇野藤雄(宇野昌磨の祖父)は日本画家で洋画家?年齢やプロフィールを調査!

鍵山優真の母は離婚して父子家庭って本当!父親は脳梗塞で兄弟や家族構成は?

河辺愛菜の父親の職業まとめ

今回は、河辺愛菜選手の父親の職業や母親・兄弟の家族構成、実家の祖父がお金持ちは本当なのか調べてみました。

河辺愛菜選手の家族は4人で、父親は会社員として単身赴任をしているようです。

母親は、フィギュアスケートの経験はないようですが、河辺選手にいろいろな面でサポートしているようです。

また、祖父の河辺清司さんは、カワベ市場開発、青木塾の代表として多くの実績を上げている有名な方のようです。

祖父の支援を受けている可能性もありますが、家族だけで費用負担をするのは大変ですね。

河辺選手は、スケート靴やオリンピック費用の捻出のために、クラウドファンディングもされていましたね。

もうすぐ北京五輪も始まりますので、ぜひ家族のためにも頑張ってもらいたいですね!!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる