木下富美子の夫や子供などの家族構成は?結婚歴や離婚理由も調査!

木下富美子都議と言えば、無免許運転で当て逃げ事故を起こし、議会でのゴタゴタが続いていますが、木下都議の夫や子供などの家族情報も気になるところです。

木下都議の家庭の状況はどうなのでしょうか。

そこで今回は、木下富美子都議の夫や子供などの家族構成や結婚歴・離婚理由なども調査しました。

目次

木下富美子のプロフィール・経歴

名前・読み方木下富美子(きのした ふみこ
生年月日1966年10月13日
年齢55歳
出身地愛知県名古屋市
出身校東京外国語大学
前職博報堂従業員
選挙区板橋区選挙区
当選回数2回
所属政党都民ファーストの会→無所属(SDGs東京)

木下富美子都議は、愛知県名古屋市に生まれの55歳

名古屋市立向陽高等学校を経て、東京外国語大学スペイン語学科に入学します。

1年間休学し、アルバイトで貯めた資金で渡西し、マドリードでスペイン語・スペイン文化を学びます。

大学卒業後は、株式会社博報堂に入社します。

2003年に、当時環境大臣であった小池百合子氏が手掛けた、地球温暖化対策国民運動「クールビズ」キャンペーンに参画し、「地ブランド」プロジェクトを立ち上げます。

その後、内閣府男女共同参画局に出向

2016年には、小池百合子都知事が主宰する政治塾「希望の塾」が開講され、入塾します。

2017年7月に行われた都議選に板橋区選挙区より立候補し、初当選を果たす。

2021年7月の東京都議会議員選挙で、都民ファーストの会より出馬し、当選しましたが、選挙期間中の無免許事故が原因で、除名処分となっています。

木下富美子の家族構成・夫や子供(娘)・両親は

木下富美子都議の家族構成は、本人と娘さんの2人暮らしです。

木下都議は、現在シングルマザーとして娘さんを育てています。

木下都議のホームページでは、平成11年に出産し、育児休業を経たのち、博報堂の広報室に復帰された旨が掲載されています.

娘さんは平成11年生まれですから、2021年では22歳ということになります。

木下富美子都議の父親は、木下恵裕さんと言い、2017年に木下都議の選挙事務所開きには、来所し挨拶をしています。

木下富美子都議の父は、学習院大学を卒業後、トヨタ自動車に入社し、営業として勤務されていたようです。

定年退職後は、ご夫婦でハイキングを楽しんだり、俳句を趣味にしていたそうです。

木下富美子都議の母親は、一般人ということで公表されていませんでした。

木下富美子の結婚歴や離婚理由は

木下富美子都議は、シングルマザーということですが、結婚歴があります。

残業もありましたが、幸い周りの協力が得られ、お迎えにいけない時は、元夫や夫の両親に助けてもらいました。その点はとても恵まれていましたし、その協力あってキャリアが継続できたのだと思います。子供のお迎え時間があったので、できるだけ周りに迷惑をかけない仕事方法を模索していましたね。

引用元:TheNews

木下富美子氏は、株式会社博報堂で働いている時にご結婚されたようですね。

出産後も元夫や夫の両親に助けてもらったという記事もありましたので、結婚後は、キャリアウーマンとして家族の中で協力し合い、頑張っていたのですね。

木下富美子都議は、夫との離婚についてはメディアでは報じられていませんが、木下都議の子育てと仕事を両立して頑張っているという発言でわかります。

仕事に対しては、よく頑張ってこられたのですね~

でも、仕事と子育ての両立は本当に大変だったのでしょう。

キャリアウーマンとして働いていた木下都議は、ほとんど家にいなかったのでしょうね。

旦那さんも仕事をなさっていたでしょうから、あくまで推測ですが、すれ違いが原因で離婚された可能性もありますね。

みんなの声は

会社員B

「都民ファーストの会」は選挙前にこの人の身辺調査をちゃんとしたんだろうか?選挙当選直後に不祥事発覚もなんだかなぁ。

女性B

都民ファーストが最後まで責任をもって引導を渡すのは当然のことです。小池さんが木下さんを呼んで説諭し、辞めさせる責任があります。

会社員A

学歴や職歴等、優れた経歴を持っていても、肝心な時に逃げる奴は信用できない。

女性A

何があっても、どんなに批判されようとも、辞任をするような人ではないと思います。早急に制度改革を!

木下富美子の家族構成まとめ

今回は、木下富美子都議の夫や子供などの家族構成や結婚歴・離婚理由などを調査しました。

木下都議は、娘さんを持つシングルマザーとして、そしてキャリアウーマンとして頑張っていたようですね。

結婚歴については、旦那さんとは博報堂に勤務されていた時に結婚されたようです。

離婚理由については、明確にはわかりませんでしたが、木下都議がキャリアウーマンであることを考えれば、すれ違いが原因の可能性もありますね。

調査を進めていくと、子供思いの頑張り屋のお母さんというイメージが湧いてきます。

しかし、現在の都議会での逃げ回るような行動や態度は、今まで自身が行ってきたこととは、相反する気がしますね!

本当に都民のことを思う気持ちがあるなら、きちんと説明責任を果たすべきですね。

しかし、今となっては遅すぎたかもね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる