小室佳代の元婚約者の顔画像や名前は何?婚約破談理由と職業についても調査

小室圭さんと眞子様の結婚は、小室佳代さんと元婚約者の400万円問題から始まって、次々と疑惑の連鎖が続いていますね。

400万円の借金問題については、返済を断念するなどの発表をされた元婚約者とは、いったいどんな人物なのか。

そこで今回は、小室佳代さんの元婚約者の顔画像や名前、そして婚約破談理由と職業について調査をしてみました。

目次

小室佳代さんと元婚約者はいつ・どこで知り合った?

小室佳代さんの旦那さんが亡くなったのは、2002年の時でした。

それから5年後の2007年に、小室佳代さんと元婚約者は共通の友人を介して知り合ったそうです。

知り合った当時、息子の圭さんは、品川のカナディアン・インターナショナルスクールに通っていたそうです。

カナディアン・インターナショナルスクールといえば、学費もかなりかかるらしく、母親の佳代さんは、必死で働かなくてはなりませんでした。

そんなある日、母親の佳代さんは、間違えてレポートを消してしまったことを、復元できないかと元婚約者に頼ったようです。

そのことがきっかけとなり、仲良くなっていったそうです。

ずいぶん最初から馴れ馴れしいなと感じる人もいると思いますが、実は元婚約者と計算の亡くなった父親は元々友人関係だったそうです。

面識があったわけですね!

そんなことから家族ぐるみの付き合いに発展したそうです。

小室佳代の元婚約者の顔画像や名前は何?

小室佳代さんの元婚約者の顔画像や名前について、調査をしましたが情報がありませんでした。

一般人ということで公開されていないようです。

現時点でわかっていることは次のとおりです。

  • 名前は週刊誌で報じられているのが、X氏や武田氏・山田氏などの仮名であること。
  • 年齢については、70代であること。
  • 2度の離婚歴があること。

週刊誌などでは何度も取材を受けているようですが、顔出ししていないことから不明となっています。

小室佳代の元婚約者の職業や婚約破談理由は

小室佳代さんの元婚約者の職業は、元外資系の商社マンです。

元婚約者は、1994年に東急東横線沿いに、新築マンションを購入しています。

小室佳代さんが住んでいるマンションは、東急東横線の大倉山と言われています。

元婚約者の方は、小室親子の自宅マンションのすぐ近くに新築マンションを購入したことになりますね。

元婚約者が新築マンションを購入後は、婚約中であり、小室佳代さん・圭さん親子も一時期は同居していたようです。

しかし、元婚約者はお金が無くなってしまい、家のローンも払うことが出来なくなってしまったため、マンションを売り、自身は引っ越して現在は賃貸アパートに住んでいるということです。

金の切れ目が縁の切れ目と言いましょうか。

この時はすでに一方的に婚約破棄された状況だったわけです。

ショックは大きかったでしょうね~

元婚約者は、外資系の商社マンだったということで、平均年収は800万円以上と言われています。

退職金で購入したジャガー(約600万円)を愛車にしていたそうです。

この車で圭さんのアメリカ留学時も送迎に使っており、さながら「アッシー君」扱いですね!

羽振りは相当良かったようですね!

しかし、新築マンション購入や小室佳代さんに400万円を貸すほどの財力があったと思われて、狙われてしまったのでしょうかね。

すでに元婚約者は、年齢的にも70代ということで外資系商社で貯めたお金は、湯水のごとく使われてしまったのでしょうか、あまりにも悲しい話ですよね。

小室佳代の元婚約者まとめ

今回は、小室佳代さんの元婚約者の顔画像や名前、そして婚約破談理由と職業について調査をしました。

元婚約者の顔画像や名前については、調査した結果、一般人ということで情報がありませんでした。

現在分かっていることは、X氏や武田氏・山田氏などの仮名であることや、年齢は70代で2度の離婚歴があることでしたね。

職業は、元外資系の商社マンで、年収は800万以上。

婚約破談の理由は、金の切れ目が縁の切れ目という、小室佳代さんからの一方的な婚約破棄ということのようです。

元婚約者の方には、何事にもめげずに頑張っていただきたいですね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる