小室圭のニューヨークの自宅はどこ?住所や内部の間取りも調査!

小室圭さんと眞子さんは念願が叶い、新居であるニューヨークの自宅も契約してあると聞いています。

いよいよ新しい生活が始まるのですね~、待ちに待った海外拠点です!

そこで今回は、小室圭さんと眞子さんの新居となる、ニューヨークの自宅はどこなのか、住所や内部の間取りも調査してみました。

目次

小室圭のニューヨークの自宅の場所はどこ

物件探しの経緯は

小室圭さんがニューヨークに自宅を持つため、物件探しは相当の日数を要したようです。

「女性自身」の記者が取材した話では、小室圭さんは半年ほど前からニューヨーク市のマンハッタン島に絞って、眞子さんと暮らすための部屋を探していたそうです。

10月中旬には、アッパーウエストサイドの高級アパートメントに決まったと聞いたそうです。

推測では小室さんが帰国後、眞子さんに物件の詳細を説明し、眞子さんが了承されたということのようです。

小室さんは、マンハッタン島に絞って、半年間かけて自宅になる新居を探し続けたわけですから、相当吟味をして選び抜いたわけですね~

その努力には頭が下がるばかりですが、その労力を勉学に励んでも良かったかもね!

眞子さんの海外生活の経験は?

一方、眞子さんも海外留学をされていますが、どのような様子だったのか気になりますね。

小室圭さんと眞子さんの出会いは、2012年の学内の交換留学説明会がきっかけで、急接近をしたようです。

宮内庁関係者の話では、眞子さんにとって海外移住は何年も前からの夢だったそうです。

眞子さんは、2012年9月からイギリス・エディンバラ大学へ留学しており、この時が「生まれて初めて体験する自由」だったようです。

今まで皇族として、相当の制約がある生活を送ってきた眞子さんにとっては、本当に素晴らしい体験に映ったことでしょう。

籠の中の鳥が大空へ飛び立った時のような感じなのでしょうか。

眞子さんの学生寮での生活は9か月間でしたが、スーパーで食材を購入したり、自炊するなど、庶民の生活が一部は体験できたようですね。

しかも、日本では外出先には必ず皇宮護衛官が付き添うようですが、エディンバラ大学の留学生活では、1人で自由に外出できたという。

この辺りも、海外に行けば自由になれるという印象が残っていたのでしょうね。

ニューヨークの自宅の場所や住所は

小室圭さんと眞子さんのニューヨークの新居は、アッパーウエストサイドという地区にあります。

この地区は、小室さんの母校であるフォーダム大学もあったことから、土地勘もあったと言える場所ですね。

実際に契約した新居は、リバーサイドであるハドソン川のそぐそばにあるようです。

ハドソン川を望むことができる場所であると想像できます。

こちらが、マンハッタン島のアッパーウェストサイド地区です

確かに目の前にハドソン川が流れていますね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる