甲府火災の19歳少年は誰で名前や顔画像は?姉の知人で放火の犯行動機は何?

甲府市蓬沢の井上盛司さん方の住宅が全焼し、焼け跡から2人の遺体が見つかった事件で、山梨県警は19歳少年を、井上さんの娘に対する傷害容疑で逮捕したと報道がありました。

少年は、放火をほのめかしているという。

そこで今回は、甲府火災の19歳少年は誰で、名前や顔画像、姉の知人で犯行動機は何か見ていきたいと思います。

目次

事件概要

甲府市の井上盛司さん方の住宅火災で、逮捕された少年は、火災発生直前の12日午前3時45分頃、井上さん方で、鉢合わせした井上さんの10代の娘の頭を殴ってけがを負わせた疑いで逮捕されました。

井上さんの家からは、少年の10代の娘への傷害事件の直後に火が出ており、2人の遺体が見つかっています。

遺体については、井上さん夫婦の可能性が高いという。

井上さん方は、夫婦と娘2人の4人暮らしで、当時は全員在宅していたそうです。

2階で寝ていた10代の娘が人が争うような声を聞いて、1階に下りたところ、不審な男と鉢合わせして、後ろから殴られたという。

娘2人は2階のベランダから外に逃げ、110番したそうです。

現場の状況などから、油のようなものをまいて火を付けられた疑いもあるといい、県警では司法解剖して死因を特定するようです。

犯行を犯したのが19歳の少年であり、誰もが熟睡していると思われる、深夜の時間帯というところが異常さを物語っていますね。

逮捕された少年は、顔にやけどをしており、放火についても犯行をほのめかしているそうです。

さらに捜査関係者によりますと、少年は10代の娘の姉の知人だということです。

聞き取りや防犯カメラの映像から、早い段階で捜査線上に浮上していたそうです。

事件現場はどこ

火災現場については、山梨県甲府市蓬沢です。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる