大学共通テスト流出の香川県の19歳女性受験生は誰で名前や顔画像は?不正方法を調査!

今月15日に実施された大学入学共通テストの世界史Bの問題が、試験時間中に流出していた問題で、女性が出頭したと報道がありました。

そこで今回は、大学共通テスト流出問題で香川県警に出頭した、19歳の女性受験生は誰なのか、名前や顔画像、協力者や不正方法を調査しました。

(追記)その後この女性は、大学生だと話しています。

目次

大学共通テスト流出問題とは

大学共通テスト流出問題とは、大学共通テストが行われた、15日の世界史Bの問題で、試験中、会場の外にいた東京大学の学生2人に、問題を撮影し、通話アプリ「スカイプ」で送り、送信元の人物に解答を送り返したという、不正行為のことです。

センターや文部科学省によると、流出したとみられるのは15日午前にあった世界史Bの問題。試験中、会場の外にいた東京大学の学生2人に、問題を撮影したとみられる画像約30枚が通話アプリ「スカイプ」で送られた。このうち少なくとも1人は送信元の人物に解答を送り返していた。

引用元:朝日新聞デジタル

捜査関係者の話では、東大生2人はテスト前に、家庭教師の紹介サイトなどを通じて、「大学受験を控えた女子生徒」を名乗る人物と知り合っていたそうです。

そして、「家庭教師の実力を測りたい」と言われ、送信した問題を解くよう依頼されていました。

その問題が、今回流出された画像で、東大生2人に送られてきたという。

そして、「次は古文漢文よろしくお願いします!」といったメッセージが届いていたようです。

実際に、今回流出された問題文の次の試験は、国語だったという。

明らかに、家庭教師の実力を測るという理由で行われた、不正ですね!

問題文を流出させた香川県在住の19歳女性大学生は誰?

名前や顔画像は?

現在は、まだ名前や顔画像などの情報は公開されていません。

これまでに分かっていることは、次のとおりです。

・香川県警に本人が出頭

・香川県在住の女性

・年齢は19歳で大学生

詳細については、今後明らかになると思いますが、何のための試験なのかわからないですよね!

今後詳細がわかり次第、追記していきたいと思います。

協力者や画像流出の不正方法は?

現在のところでわかっているのは、次のとおりです。

・東大生2人は、テスト前、家庭教師の紹介サイトを通じて、「大学受験を控えた女子生徒」を名乗る人物と知り合っていた。

・「家庭教師の実力を測りたい」と、送信した問題を解くよう依頼されていた。

・試験前に、問題を解くよう依頼された東大生2人の他に、少なくても2人に依頼があった。

・当日は、東京大学の学生2人と、他の2人の少なくても4人に、問題文の画像を30枚「スカイプ」で送信していた。

・送られた問題を少なくても1人が」送り返していた。

なお、問題文を解いて「女子生徒」に送り返した学生は、問題を解き、解答を送った時は共通テストの問題だとは思わなかった」と話しており、不審に思った学生はその後、大学入試センターに届け出たという。

学生たちは、不正が行われているとは知らなかったようですね。

問題文の撮影方法は?

今回の問題文を撮影した方法はどのように行ったのでしょうか。

スマホを使って撮影すれば、監視員のいる中で行うことはできません。ではいったいどんな方法があるのでしょうか。

ペン型カメラを使う?

今回の問題文を撮影する方法として、ペン型カメラを胸ポケットに差し込み、体をひねって撮影する方法が考えられます。

写された画像も画質が良くなかったことを考えれば、十分考えられますね!

〇〇ウォッチを使う?

現在は、〇〇ウォッチという、便利な時計型のものがありますね。

でも、これを使った場合でも、使っているところが見られれば、当然不審に思われます。

どうやって写した画像を送信する?

これも疑問に思いますね!

ペン型カメラで撮影しても、Wi-Fiで飛ばすには、一度スマホにつながなければならないですよね。

結局スマホを使わなければだめなのか、ほかにどんな方法があるのでしょうか。

また、回答が解かれた画像をどうやって見るのか、あるいはイヤホンで直接聞くことも考えられます。

しかし、「家庭教師の実力を測りたい」という、当初の理由から考えると、イヤホンで回答を言うことはおかしいと思われますね。

今後詳細がわかりましたら、追記していきますね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる