宮田将吾の両親(父母)の職業や兄弟の家族構成は?出身高校や大学の記録を調査!

スピードスケート・ショートトラックの宮田将吾選手が、北京オリンピック日本代表に決まり、ショートの歴史を変えたいと抱負を語っています。

宮田選手の頼もしい言葉に、家族も嬉しい限りでしょうね。

そこで今回は、宮田将吾選手の両親の職業や兄弟の家族構成、そして出身高校や大学の記録を調査しました。

目次

宮田将吾のプロフィール

名前:宮田将吾(みやた しょうご)

生年月日:2003年1月27日

年齢:18歳

出身地:大阪府

身長:170cm

趣味:美味しいものを食べること

宮田将吾さんは、大阪府生まれの18歳です。

宮田さんがスケートを始めたのは、6歳の時にいとこに誘われて参加した、体育教室だったという。

尊敬する人物は、1998年の長野オリンピックで、500m金メダルを獲得した「西谷岳文」さんだそうです。

西谷岳文さんも宮田さんと同じ大学の出身ですから、影響が大きかったのでしょう。

宮田さんは、杉尾憲一さんにコーチとして指導を受けていますが、杉尾コーチを育てた方が、西谷岳文さんだったようです。

そして宮田さんは小さい頃に、西谷さんが獲得した本物の金メダルを見せてもらったという。

やはりこの時の感動が、今の宮田さんの原動力になっているとしても、過言ではないですね!

宮田将吾の出身高校や大学の記録

高校時代

宮田将吾さんの出身高校は、 大阪商業大学高等学校です。

大阪商業大学高校は、大阪府東大阪市にある私立の学校で、大阪商業大学の附属校です。

プロ選手を輩出したバレーボール部は、全国大会の常連校であり、そのほか、インターハイ・近畿大会に出場するクラブが数多くある高校です。

宮田将吾さんの高校時代の記録は、2年生の時に、「2019年全日本距離別」で1500m3位、そして、同じ年の「世界ジュニア選手権」では、1500m4位という成績を収めています。

大学時代

大学は、阪南大学 経営情報学部 経営情報学科の現在1年生です。

https://twitter.com/shooooogoskate/status/1377556650177949697

宮田将吾さんは、2019年の「国民体育大会(少年)の部」をはじめ、数々の大会に素晴らしい成績を収めています。

宮田将吾さんの主な成績は次のとおりです。

  • 2019年:国民体育大会(少年)500m・1000m優勝
  • 2019年:全日本ショートトラック選手権大会 総合2位
  • 2020年:全日本ショートトラック距離別選手権大会 1500m優勝
  • 2021年:国民体育大会(少年)500m・1000m優勝
  • 2021年:全日本ショートトラック距離別選手権大会 500m ・ 1000m優勝、1500m2位

素晴らしい記録の数々ですね!

大舞台での強さが光りますね!

北京オリンピックでもメダルが期待されますね。

壮行会で金メダル宣言!

実際に宮田将吾さんは、阪南大学の壮行会でも、金メダル宣言をしています。

スピードスケート・ショートトラック男子で北京冬季五輪代表に決まった18歳の宮田将吾が24日、在学する阪南大(大阪府松原市)で開かれた壮行会に出席した。

ショートトラックの日本勢は長野五輪以降メダルから遠ざかっており「自分が金メダルを取って、ショートの歴史を変えたい」と抱負を語った。

引用元:Yahoo!ニュース

ぜひ頑張ってもらいたいですね!!

宮田将吾の両親の職業や兄弟の家族構成

宮田将吾さんの両親の職業や、兄弟などの家族構成について調べてみましたが、現在のところでは、公表されている情報はありませんでした。

今後、宮田さんの活躍などで、メディアへの出演が多くなると、家族などのことが公表されるかもしれませんね!

新しい情報が入り次第、追記していきたいと思います。

関連記事はコチラ

北京冬季オリンピック2022の注目選手のまとめ記事一覧

菊池耕太の兄弟や父親母親の家族構成は?出身高校の記録や所属先も調査!

吉永一貴の母や叔母がスケートの有名選手?父や兄弟の家族構成や高校大学も調査!

小池克典の出身高校の記録や所属は?両親(父母)の職業や兄弟の家族構成を調査!

宮田将吾の両親の職業まとめ

今回は、宮田将吾選手の両親の職業や兄弟の家族構成、そして出身高校や大学の記録を調査しました。

宮田将吾さんは、大阪府生まれの18歳で、6歳の時にいとこに誘われて参加した体育教室が、スケートを始めるきっかけになったそうですね。

大阪商業大学高等学校から阪南大学に進学し、多くの記録や輝かしい成績を残しています。

長野オリンピックの金メダリストの西谷岳文さんから、小さい頃に見せてもらった金メダルが、現在まで宮田さんの原動力となっている可能性が高いですね!

今までの練習の成果を思う存分発揮して、ぜひ表彰台に上がってほしいですね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる