中村正人(ドリカム)の剥離骨折(ケガ)の原因は何?復帰や活動再開はいつかを調査!

音楽ユニット「ドリカム」の中村正人さんが、左肩を剥離骨折し、靭帯損傷の重傷を負っていることがわかりました。

どんな状況なのか、容体が心配ですよね。

そこで今回は、中村正人さん(ドリカム)の剥離骨折・靱帯損傷の原因は何か、職業病による過労や転倒の可能性や、活動再開はいつかを調査しました。

目次

中村正人(ドリカム)の剥離骨折・靭帯損傷に関する記事

音楽ユニット「DREAMS COME TRUE」が25日と26日にマリンメッセ福岡で開催予定だったコンサートを中止することを25日、公式サイトで発表した。

中村正人(63)が10月から左肩を剥離骨折し靭帯損傷の重傷を負っていることを明かし、鎮痛剤を打ちながらコンサート活動を継続してきたが「完全に左肩から腕にかけて動かない状態」に至ったという。

引用元:スポニチアネックス

ドリカムの中村正人さんが、重傷を負っているということで、症状が心配されるところですよね。

報道では、鎮痛剤を打ちながらコンサート活動を続けてきたようですが、左肩から腕にかけて、動かない状態だと言いますから、ただ事ではないですね。

中村さんは、10月11日に左肩を剥離骨折し、靭帯も損傷したそうですが、原因がわかりませんね。

福岡で開催予定だったコンサートが中止となり、ファンの方は残念な思いだったでしょうね!

剥離骨折とは

剥離骨折とは、主にスポーツ活動によって、筋肉の急激な収縮により、筋・靱帯・腱と骨との付着部で、骨の一部が引き剥がされて生じる骨折を「裂離骨折(剥離骨折)」というそうです。

スポーツや交通事故、転倒などに関連して生じることがあるようです。

重症の場合は感覚障害や歩行困難を伴うため、早めに適切な治療を受けることが大切だという。

治療法は、痛みが生じにくい姿勢をとって、安静に努めることが重要です。

痛みが強い場合は、鎮痛剤を服用したり、歩行に松葉杖を使ったりします。

保存的治療によって、数週間程度での骨癒合が見込めます。

4~6週でジョギングなどの軽い運動が開始でき、2~3ヵ月でスポーツ復帰が可能となるでしょう。

引用元:Doctors File

中村正人(ドリカム)の剥離骨折・靱帯損傷の原因は何?

中村正人さんは、左肩を剥離骨折して靭帯損傷の重傷を負うまで、鎮痛剤を打ちながらコンサート活動を継続してきたようですが、原因はいったい何だったのでしょうか。

剥離骨折が起こる原因は、一般的にはスポーツ活動や転倒などで、筋肉の急激な収縮から起こるとされているようです。

しかし、現時点ではそのようなことについては、触れられていません。

中村正人さんの年齢は、63歳のようですが、高齢者と言うにはまだ早いかもしれませんが、骨がもろくなっていることも考えられますね~

高齢者でなくても、カルシウム不足で、骨粗しょう症などになる人もいますからね。

また、スポーツでなくても、コンサートでも激しい動きを伴うことが原因で、剥離骨折する可能性も考えられますね!

とにかく一日も早い回復が待たれますね。

ゆっくりと休養も併せて、完治してもらいたいですね。

中村正人(ドリカム)の復帰や活動再開はいつ?

中村正人さんの復帰や活動再開はいつになるのでしょうか。

心配されるところですね~

治療法については、痛みが生じにくい姿勢をとって、安静に努めることが重要のようです。

一般的には治療によって、数週間程度での骨癒合が見込めるそうです。

そして4~6週くらいでジョギングなどの軽い運動が開始でき、2~3ヵ月で復帰できるようです。

しかし、怪我の状況や経過によっては、若干のずれは出てくるでしょうね。

中村さんは、2021年の12月30日に手術を予定していますので、2~3か月後に復帰が可能のようですが、十分な休養をとってから復帰してもらいたいですね!

中村正人(ドリカム)の剥離骨折(ケガ)の原因まとめ

今回は、中村正人さん(ドリカム)の剥離骨折・靱帯損傷の原因は何か、職業病による過労や転倒の可能性や、活動再開はいつかを調査しました。

ドリカムの中村正人さんが、10月に剥離骨折・靱帯損傷から鎮痛剤で痛みをこらえていたようですが、重症化してしまったようです。

その結果、 福岡で開催予定だったコンサートも中止になるようです。

ドリカムファンの方は、残念な気持ちですよね!

剥離骨折の原因については明記されていませんが、激しい運動が原因だったり、転倒することなどが挙げられます。

復帰や再開の時期については、治るまでに2~3か月を要するようなので、十分休養もとり、完治をしてからまた素敵なコンサートを見せてもらいたいですね!!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる