中村優花(スノボー)の出身高校や大学・戦績は?父親母親や兄弟の家族構成も調査!

スノーボードクロスの中村優花選手が、北京オリンピックの日本代表として選出されました。

応援していた家族も喜んでいるでしょうね!

そこで今回は、中村優花選手の出身高校や大学・戦績、父親母親や兄弟の家族構成も調査しました。

目次

中村優花(スノーボード)プロフィール

名前:中村優花(なかむら ゆうか)

生年月日:2001年1月28日

年齢:21歳

出身地:青森県

中村優花選手は、青森県出身の21歳です。

中村選手がスノーボードを始めたきっかけは、小学校3年生の時に、ソチ五輪のハーフパイプ競技に影響を受け、ニュージーランドでスノーボードクロスに出会ったからだそうです。

中学校2年生から本格的に競技に取り組み、高校在学中には、プロのスノーボーダーとして各地を転戦するようになりました。

中村優花の主な戦績

中村優花選手は、2018年から全日本スキー連盟の指定選手として活動しています。

また、2019年の全日本選手権では、優勝を飾っています。

その後、2019年8月には、オーストラリアのマウント・ホッサムで開催された、「オーストラリア・ニュージーランドカップ」第2戦で6位となります。

同年12月にオーストラリア・ピッツタールで開催されたジュニアレースでは、見事に優勝を飾っています。

2021年1月に行われた「W杯」では14位ですが、国内の若手ではトップクラスの成績だったようです。

中村優花の出身校(小学・中学・高校・大学)

中村優花選手の出身校を見ていきたいと思います。

まず、出身小学校は、青森県青森市筒井1丁目にある、筒井小学校です。

筒井小学校は、ロス・ソウルオリンピックの金メダリストで有名な、柔道の斎藤仁選手の母校です。

また、落語家の三遊亭神楽さんなどが同校の卒業生です。

次に出身中学校は、青森市立造道中学校です。

造道中学校は、青森市岡造道2丁目にあり、部活動が盛んな学校です。

主に野球やサッカー・卓球にテニスなど、その他にもたくさんの運動部が多くの大会で入賞しています。

特に卓球部は、2007年の「全国中学校卓球大会」で決勝トーナメントに進出しています。

中村優花選手の出身高校は、青森県立北高校です。

北高校は、ラグビー部が全国レベルという強豪校として知られています。

1998年に行われた第77回大会では、122対0という大会史上最多得点を記録するのどで、県勢初の8強まで進んだことがあります。

凄い試合だったのですね!

中村選手は高校卒業後に、仙台大学に進学しており、現在在学中です。

仙台大学は、宮城県柴田郡柴田町に本部を置く私立大学です。

中村優花の両親(父母)や兄弟の家族構成

中村優花選手の両親(父母)や兄弟の家族構成について調べて見ましたが、公表されていないようで、情報がありませんでした。

今後、メディア等への出演が増えることで、家族の情報も公表されるかもしれんせんね。

新しい情報が入り次第、追記していきたいと思います。

関連記事はコチラ

北京冬季オリンピック2022のスキー・スケート・スノボーの人気記事一覧

高原宜希の出身高校や大学・所属は?父親母親や兄弟の家族構成を調査!

村瀬心椛の父親はお金持ちで職業は?妹・由徠はプロボーダーで家族構成は?

三木つばさの出身高校や所属はどこ?父親母親や兄弟の家族構成も調査!

中村優花の出身高校や大学まとめ

今回は、中村優花選手の出身高校や大学・戦績、父親母親や兄弟の家族構成も調査しました。

中村優花選手は、青森県出身の21歳です。

中村選手がスノーボードを始めたきっかけは、小学校3年生の時に、ソチ五輪のハーフパイプ競技に影響を受けてからですね。

その後、中学校2年生で本格的に競技に取り組み、高校生の時からプロのスノーボーダーとして転戦しています。

青森県立北高校から仙台大学に進学し、今までにも大きな大会で優勝やそれに準ずる成績を収めています。

北京五輪でも、練習の成果を出し切って、ぜひ表彰台に登ってもらいたいですね!!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる