日大板橋病院の設計事務所はどこで社長は誰?コンペに選ばれた経緯は?

日本大学の付属病院の建て替え工事をめぐる背任事件で、逮捕された理事が、4社が参加した選定手続きで、都内の設計事務所の評価が1位になるよう改ざんし、契約を結んだ疑いがあるようです。

そこで今回は、日大板橋病院の設計事務所はどこで社長は誰なのか、コンペに選ばれた経緯などを見ていきたいと思います。

目次

日大板橋病院の設計事務所はどこ

日大板橋病院は、築50年を経ており建て替えが計画されていました。

予算規模も1000億円ということで、基本設計のコンペが実施されました。

しかし、今回のコンペでは、都内の設計事務所が1位になるように評価の点数を改ざんしていたのではないかという疑いが持たれています。

その渦中の設計業者は、 佐藤総合計画 です。

コンペに参加した業者は4社で、その中から選ばれたのは佐藤総合計画でした。

あらかじめこの業者が落札するように、何らかの力が働いたのは間違いないようです。

佐藤総合計画の社長は誰?

佐藤総合計画の会社概要

正式名称は、株式会社佐藤総合計画で、佐藤武夫氏が創設した建築設計事務所を前身とする、組織系建築設計事務所です。

  • 本社所在地:東京都墨田区横網
  • 資本金:5千万円
  • 従業員数:288名
  • 1945年:佐藤武夫氏が自宅で設計業務を開始する
  • 1946年:佐藤武夫設計事務所に社名変更
  • 1948年:株式会社化
  • 1987年:佐藤総合計画に社名変更
  • 1995年:代表取締役社長に島田孝好氏が就任
  • 2007年:島田孝好氏が代表取締役会長に就任
  • 2009年:代表取締役社長に細田雅春氏が就任

社長の名前は?

現在の代表取締役社長は細田雅春氏になります。

佐藤総合計画がコンペに選ばれた経緯

(株)佐藤総合計画が今回のコンペに参加できた経緯はどうしてなのでしょうか。

これだけ大きな事業ですから、参加できる会社も限られていますよね~

その経緯は、文春オンラインによると、佐藤総合計画を日大に紹介したのは、自民党議員の元秘書(今年2月に死去)で、日大と取引のある葬儀業者を通じて田中氏に持ち込んだそうです。

田中氏とは、日大理事長の田中英寿氏のことです。

文春オンラインによると、捜査の手は、最高権力者である田中英寿理事長に及んでおり、すでに特捜部は田中氏の自宅を家宅捜索し、田中本人の任意の事情聴取まで行っているということです。

田中理事長は、自民党議員秘書をから葬儀業者を通じて話が持ち込まれていますから、全く関知していないということでは、筋が通らないでしょうね~

日大板橋病院の設計事務所まとめ

今回は、日大板橋病院の設計事務所はどこで社長は誰なのか、コンペに選ばれた経緯などを見てきました。

日大板橋病院の設計事務所は、(株)佐藤総合計画でしたね。

佐藤総合計画は、佐藤武夫氏が1945年に創設した建築設計事務所を前身とする、組織系建築設計事務所でしたね。

東京都に本社があり、従業員も288名いますから、非常に大きな設計事務所ですね。

佐藤総合計画の社長は2009年に就任した、細田雅春氏で現在も取締役社長として業務を遂行しておられます。

日大背任事件として、大きな問題となっており今後が注目されますね。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる