卓球ラケットのラバーは何種類あって違いは何?初心者はどれを選ぶ?

卓球のラケットのラバーには、いろいろな種類のラバーがあります。

競技する人のプレースタイルによってもラバーは違ってくるなど、卓球のラバーには重要な要素がたくさんあります。

そこで今回は、卓球のラケットのラバーの種類や違い、そして卓球経験者の私が語る、初心者はどれを選ぶべきなのかについて見ていきたいと思います。

目次

卓球ラケットのラバーの種類


卓球ラケットの打面に貼るラバーの種類は、

  • 裏ソフト
  • 表ソフト
  • ツブ高
  • アンチスピンラバー

の4種類に大別することができます。

4種類のラバーそれぞれに特徴があり、その特徴を生かすことでプレーの幅も広がってきます。

それでは早速、4種類のラバーの特徴について解説します。

裏ソフトラバーの特徴

裏ソフトラバーのメリット

裏ソフトラバーは、ゴムの摩擦が大きくなるよう、粒がスポンジ側に向けられているラバーのことです。

ツルツルとした面がボールと接し、摩擦力が高く、そして回転をかけやすいのが特徴です。

裏ソフトラバーには、粘着性の強いものや半テンションのもの、そして高弾性のあるものなど、様々な種類があります。
現代卓球では、裏ソフトラバーが一番使われています。

私の経験からは、裏ソフトラバーで粘着性の強いものを使うと、スピンもよくかかり気持ちのいいドライブボールを放つことができます。

実際の競技では、ドライブボールに対してさらにドライブボールで返すなど、ラリーでは非常に見ごたえがある感触でした。

裏ソフトラバーのデメリット

裏ソフトラバーのデメリットは、相手の放った回転のかかったボールに強い影響を受けてしまうため、注意が必要です。

私の場合は、大きな回転をかけてチャンスを広げようとしたところ、スピンをかけ損なってしまい、台から大きく外に出てしまうなどの失敗もありました。

表ソフトラバーの特徴

表ソフトラバーのメリット

表ソフトラバーは、裏ソフトラバーとは逆に、スポンジ側にあった粒が表面に向けられており、ボールと粒が打球時にぶつかるように作られたラバーです。

粒形状がボールと当たるため、裏ソフトラバーよりも摩擦が少なく、回転量は減りますが、球離れが早く、スピードが出るという特徴があります。

ナックルボールが出しやすく、攻撃的なプレーヤーに向いています。

私が実際に表ソフトラバーの選手と対戦した時ですが、回転がかからないナックルボールで、しかもスピードも早く、とにかくボールが返しにくかったのを覚えています。

表ソフトラバーのデメリット

表ソフトラバーのデメリットは、相手側の回転がかかったボールの影響を受けにくいという特徴がある反面、自分から回転をかけることは難しいラバーです。

また、卓球台から離れてプレーすると、ボールの威力が激減するなどのデメリットがあります。

台に近いところでは、スピードの速さやナックルボールの変化で、相手を追い詰めることができますが、台から離れるとそういった強みを活かすことができません。

台から離れてナックルボールを打っても、相手にチャンスをあげるようなものですね。

ツブ高ラバーの特徴

ツブ高ラバーのメリット

ツブ高ラバーは、表ソフトラバーのように粒の面がボールと接するようになっているラバーですが、表ソフトラバーよりも粒の高さがさらに高い特徴があります。

このラバーは、相手の回転がかかったボールに対して、真逆の回転をかけて打ち返すことができるという点が大きな特徴です。

例を挙げるなら、左回転のかかったボールを打ち返すと、ボールには右回転がかかって飛んでいくことから、相手は想定外のボールの回転に対し、ミスをしてしまうということです。

粒が高いことで、ボールの回転に変化をつけやすいということですね。

ツブ高ラバーのデメリット

ツブ高ラバーのデメリットは、扱い方が特殊なので、表ラバーのように攻撃的に打つことができないため、前陣速攻型の人には向いていないということです。

レシーブは容易にできますが、最初に選ぶラバーではないでしょう。

ツブ高ラバーを使っている人は、あまりいないように感じますが、支持層は結構いるそうですね。

アンチスピンラバーの特徴

アンチスピンラバーのメリット

アンチスピンラバーは、ボールに回転をかけることができないラバーです。

そのため、相手の回転の影響を受けないというメリットがあります。

このラバーは、「アンチ加工」という特殊な加工が施されていて、表面は滑るようにつるつる・サラサラしているのが特徴です。

アンチスピンラバーのデメリット

アンチスピンラバーは、表面にツブツブがないので表ソフトに似ていますが、粘着力がなく、回転はかけられません

現代卓球は、テレビで見ると一目瞭然ですが、ほとんどがツッツキやドライブボールが主流となっていますよね。

このことから、ボールに回転をかけられないこのラバーは、需要が徐々に減少しているようです。

私の経験上も、アンチスピンラバーを使っているプレーヤーは見たことがありません。

回転をかけられないのであれば、攻撃的には弱い感じがしますよね~

そのため、実際の利用者は現代の卓球界ではあまりいないようです。

初心者はどのラバーを選ぶ?

卓球ラケットのそれぞれのラバーの特徴を見てきましたが、卓球初心者はどれを選ぶか迷いますよね!

どんなタイプの人がどんなラバーを使ったらいいか見ていきましょう。

裏ソフトラバー

現代卓球界では、最も主流となっているのが裏ソフトラバーです。

攻撃だけでなく、守備でも重宝するラバーで、戦型を問わずオールラウンドプレーヤ向きです。

コントロールも安定しており、初心者向きのラバーです。

卓球経験者の私も初心者の頃は、裏ソフトラバーから入りました。

回転もかけやすく、非常に扱いやすいです。

コツさえつかめば、自分の思うように攻撃や守備もできます。

初心者にとってはおすすめのラバーです。

表ソフトラバー

裏ソフトラバーに次いで人気があるのが、表ソフトラバーです。

前陣速攻型など、攻撃を主流とするプレーヤーに向いています。

ラリーを好む選手は、打球時の初速が速くなるため、最適なラバーと言えます。

守備攻撃型の選手は、シェークハンドで片面を表ソフトラバーにしている人が多いですね。

ツブ高ラバー

このラバーは、回転のかかった相手のボールに対し、真逆の回転をかけて打ち返すことができるため、カットマンなどのように守備を主体として、相手のミスを誘うプレースタイルの人向きです。

アンチスピンラバー

ウンチスピンラバーは、ラバーの特徴のところでも述べましたが、現代卓球ではあまり使用する人がいないようです。

現在の回転をかけることを主流としている卓球では、需要があまりないようです。

卓球ラケットのラバーの種類まとめ

今回は、卓球のラケットのラバーの種類や違い、そして卓球経験者の私が語る、初心者はどれを選ぶべきなのかについて見てきました。

卓球のラケットのラバーの種類は、裏ソフト、表ソフト、ツブ高、アンチスピンラバーの4種類があります。

それぞれのラバーに特徴があり、プレースタイルによってラバーの重要さがわかりましたね。

初心者向きのラバーは裏ソフトラバーがおすすめでしたね!

現代卓球界でも主流となっており、攻撃だけでなく守備でも使えるオールラウンド型のラバーですね。

表ソフトラバーも前陣速攻型に向いており、裏ソフトラバーに次いで人気があります。

初心者にとっては無難な裏ソフトラバー、次に表ソフトラバーから入っていった方がいいでしょう!!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる