卓球サーブの種類はいくつで特徴は?初心者が上手くなるための注意点は?

卓球のサーブは、最初の攻撃となる第1球目であり、得点を左右する重要なものです。

いろいろなサーブを繰り出し、相手のミスを誘って得点を挙げたいですね!

そこで今回は、卓球サーブの種類や特徴、初心者が上手くなるための注意点などを、卓球経験者の私が経験談を入れながら見ていきたいと思います。

目次

卓球サーブの種類は

卓球のサーブは、打ち方や回転のかけ方などで違いがあり、主に次の6つがあります。

  1. 全身回転をかけて相手の意表を突く、ロングサーブ
  2. 下回転をかける打ち方の、下回転サーブ
  3. 無回転のナックルサーブ
  4. 大きく横に曲がる、横回転サーブ
  5. 威力のある上回転サーブ
  6. 全身を使って打つ、しゃがみ込みサーブ

卓球のサーブは攻撃の要となるものですから、しっかり覚えることが試合を有利に展開するためにはとても重要なものです。

それでは早速、6つのサーブについて、それぞれの特徴と注意点を解説します。

ロングサーブの特徴と注意点

ロングサーブの特徴について

ロングサーブとは、前進回転をかけて打つサーブで、非常にスピード感もあり、相手コートの深いところに繰り出すサーブです。

通常のサーブよりも球速が早いため、相手の意表をつくことが可能で効果はとても高いものです。

ロングサーブは、初心者でも比較的打ちやすいと感じると思いますが、とにかくフォアハンドが打てれば大丈夫です。

初心者はロングサーブから覚えるといいと思います。

ロングサーブの注意点について

相手のコートのエンドラインぎりぎりにバウンドさせて、効果抜群のロングサーブですが、注意点もあります。

それはスピードです。

球足が長いため、スピードがないと相手に余裕でスイングされ、攻撃を受けてしまいます。

卓球経験者の私も初心者の頃は、ロングサーブから覚えました。

最初は速い前進回転がかけられず、すぐに打ち込まれたりしてしまいました。

また、打つコースが甘い時などは、打ち返されることもたびたびありました。

せっかくのサーブですから、相手にチャンスを与えるようなボールは、注意しないともったいないですよね!

下回転サーブの特徴と注意点

下回転サーブの特徴について

下回転サーブとは、相手がラケットにボールを当てると、ボールが上がらずにそのまま下に落ちてしまう回転のサーブです。

下回転サーブは、相手にとっては非常に打ち返しにくいボールです。

ほかの回転系サーブに比べシンプルですが、覚えることで攻撃の要となることは間違いありません。

私の経験からも、下回転サーブはロングサーブとは真逆のボールですので、とても有効に使うことができました。

初心者は必ず覚えておきたいですね!

下回転サーブの注意点について

下回転サーブの注意点は、スピードが遅いため、打ち返されないように相手コートには短めに繰り出すことが大切です。

また、バックスイングでラケット面を寝かせたら、そのままの形で振ることが大切ですが、ラケット面を立てたインパクトでは、うまく下回転がかかりません。

相手に強打されないように、しっかりと下回転がかかったサーブを出しましょう!

ナックルサーブの特徴と注意点

ナックルサーブの特徴について

ナックルサーブとは回転がかかっていないサーブのことをいい、ナックルサーブ単体で打っても効果はありません。

必ず他のサーブと組み合わせることによって、初めて威力を発揮するサーブなのです。

でも覚えることによって、多彩な攻撃ができ、初心者にとってもゲームを有利にすることが可能です。

ナックルサーブの注意点について

ナックルサーブの注意点は、下回転や横回転のサーブと同じフォームで打つことが重要です。

相手が下回転だと思って打ち返すと、ボールが浮いてスマッシュチャンスが訪れます。

このように上手く他のサーブを取り入れることで、相手のミスを誘うことができます。

横回転サーブの特徴と注意点

横回転サーブの特徴について

横回転サーブとは、横に大きく曲がっていくサーブのことをいい、打ち方によって回転する方向も変わるサーブです。

右利きの場合でフォアハンドなら右回転、バックハンドなら左回転がかかります。

左利きの場合は、右利きのサーブと反対に曲がります。

対戦相手が初心者や、レシーブが苦手の相手に対してはとても有効なサーブとなります。

でも、ちょっと難しいサーブでもありますので、練習が必要ですね!

横回転サーブの注意点について

横回転サーブで注意すべき点は、ラケットの角度です。

ボールに横回転をつけるサーブは、回転のつけ方によってバウンド後の方向や、相手のラケットにあたった後の反射角度がいろいろな変化を見せます。

自分の思い通りのボールが返ってくるよう、ラケットの角度には細心の注意が必要です。

私も横回転サーブを取り入れた頃は、うまく打つことができず、強すぎて台の外に出てしまったり、回転をかけ損なってネットを超えなかったり、失敗続きでした。

また、ラケットの角度も思うようにいかず、予想に反するボールが返ってくることが多くありました。

でも、練習することで徐々にボールに対する手加減もわかり、非常に有効に使うことができました。

上回転サーブの特徴と注意点

上回転サーブの特徴について

上回転サーブとは、下回転サーブとは逆に強力な前進回転をかけるサーブのことです。

このサーブを習得するには少し時間がかかり、初心者にとっては難しいと思います。

しかし、習得すれば相手のラケットにあたった瞬間に、ボールが吹き飛んでしまうほどの威力があります。

初心者は、下回転や横回転サーブを覚えてからにした方がよいでしょう。

上回転サーブの注意点について

上回転サーブの注意点は、ドライブボールと同じ回転をさせるため、前方向への意識が強すぎると打つ力も強くなり、結果的にボールが飛びすぎてしまう危険があります。

コントロールが非常に難しいサーブですが、あまり意識せず、自然体で打つようにしましょう!

上回転サーブを有効に使う選手を見たことがありますが、コートの隅から隅の対角線を一直線に走り抜けるような勢いで、相手が追いつけないほど威力のあるものです。

自然体で打つことを心掛け、絶大な効力を発揮する上回転サーブを習得しましょう。

しゃがみ込みサーブの特徴と注意点

しゃがみ込みサーブの特徴について

しゃがみ込みサーブとは、サーブを打つ時にしゃがみ込みながら、回転をかけるサーブのことをいいます。

全身を使って、通常より強い回転をかけることができます。

しゃがみ込む際に、膝の力や腕のスイングを使って回転を掛けるフォームに特徴があります。

でも頻繁に使いすぎると、膝への負担が多くなるかもね!

しゃがみ込みサーブの注意点について

しゃがみ込みサーブの注意点は、しゃがんだ姿勢から元に戻るという行動をとるため、次の行動が遅れてしまいます。

そうならないよう、甘いコースに注意して打つ必要があります。

しゃがみ込みサーブは難しそうに見えますが、横回転サーブができるようになれば、すぐに対応できると思います。

私もしゃがみ込みサーブを使いますが、ボールを高く垂直に上げて、しゃがみ込むタイミングさえ合えば綺麗に決まります。

右利きであれば右回転が普通ですが、「王子サーブ」という、反対に曲がるサーブもあります。

卓球のサーブの種類まとめ

今回は、卓球サーブの種類や特徴、初心者が上手くなるための注意点などを、卓球経験者の私が経験談を入れながら見てきました。

卓球のサーブの種類は大きく分けると、ロングサーブ、下回転サーブ、ナックルサーブ、横回転サーブ、上回転サーブ、しゃがみ込みサーブの6つがありましたね。

それぞれのサーブに特徴があり、卓球の最初の攻撃がサーブであることから、重要であることがわかりました。

難しいサーブもありますが、練習を重ねることで必ず上手くなると思います。


多彩なサーブを覚えてゲームを有利に進め、最後は勝利をつかんでください!!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる