卓球のツッツキの打ち方やコツは?安定させるにはどうしたらいい?

卓球のレシーブ技術にはいろいろありますが、中でも頻繁に使うのは「ツッツキ」ですね。

最も基本的で、なおかつ最も重要であると言ってもいい技です。

そこで今回は、卓球のツッツキの打ち方やコツ、安定して打てる方法などを、卓球初心者の私の体験談を交えながら見ていきたいと思います。

目次

ツッツキって何?

初めて卓球の「ツッツキ」を聞いたときは、「何をつっつくの?」と思わず思ってしまいました。

「ツッツキ」とは、相手が繰り出した主に下回転のボールに対して、下回転を加えて返球する技術のことです。

ツッツキは、ラケット面を上方向にして台上で打つことで、卓球のラリーをつなぐために重要な技術の一つです。

初心者の場合は、相手が出した下回転のボールに対する返球方法として、多くの場面で使用しますので、まずはツッツキを覚えることをお勧めします。

ツッツキのメリット・デメリットは

ツッツキのメリット

ツッツキのメリットは、相手が次に出すボールをある程度制限できるということです。

また、下回転系のボールに対して、常に安定して返球が出来ます。

相手が出したボールの球種がわからないような場合も、とりあえずツッツキで返球することもできます。

さらに、球速も遅いため、自分が次に動く時間や戻る時間を作ることができます。

ツッツキのデメリット

ツッツキのデメリットは、上回転のかかったボールに対しては使えないということです。

基本的にツッツキは、下回転のボールにしか使うことはできないのです。

下回転がかかっていないボールに対しツッツキを使うと、ボールが台の外に飛び出てしまったり、浮いたボールが相手に打たれる確率が高くなったりします。

また、ツッツキ単独では決定打としては非常に弱いということです。

ツッツキの打ち方

卓球のツッツキの打ち方は、ツッツキをするときに相手からのボールの正面に入るように動きます。

体の正面で打つことで、打球への力加減の調節がしやすく、そして安定したボールを打つことが出来ます。

ボールの正面に素早く入ることは、俊敏性が大変重要になってきます。

また、足を踏み込むことでボールとの距離が縮まり、体全体で打つことが可能になります。

ツッツキをするときのラケットの角度は、ボールの回転に対して合わせなければなりません。

ラケットを上向きにするとネットにかかるなどのミスを防ぐことができます。

ツッツキのスイングイメージは、「押す」というイメージになります。

私も長いこと卓球をやっておりますが、ツッツキはボールの返球方法として基本中の基本で、すぐに覚えられる反面、非常にデリケートだと感じます。

なぜなら、相手ボールの回転の度合いを少しでも誤ると、ラケット角度も違い、すぐに打ち込まれてしまいます。

  1. ボールの正面で打つ
  2. 足を踏み込む
  3. ラケットを上に向ける
  4. 押すイメージ

ツッツキを安定させるには

ツッツキを安定させるために大事なことは、足を使ってツッツキの体制を作ることが重要です。

足を動かさずに打とうとすると、へっぴり腰になってしまい、ボールが浮くことで相手にみすみすチャンスボールを渡してしまうようなものです。

素早く足を使って、自分の打ちやすいポイントに動いて調整することです。

そして、できるだけボールに顔を近づけるようにして打つことが大切です。

卓球ツッツキの打ち方まとめ

今回は、卓球のツッツキの打ち方やコツ、安定して打てる方法などを、卓球初心者の私の体験談を交えながら見てきました。

卓球のツッツキとは、相手が出した下回転のボールに対して、下回転を加えて返球する技術のことでしたね。

ツッツキのメリットは、相手が次に出すボールをある程度制限できるという点です。

デメリットは、上回転のボールに対しては使えないこと、そして決定打とはならない点でしたね。

ツッツキの打ち方で大切なことは、足を使って正面で打つこと。

そして、ラケットを上に向け、押すイメージです。

いろんな場面でのツッツキを経験することで、加減もわかってくると思いますね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる