髙⽊菜那の出身高校や所属はどこ?両親の職業や家族構成を調査!

スピードスケートの髙⽊菜那選手は北京五輪への出場を決め、3大会連続の五輪出場ですね!

高木選手を応援する家族も、喜んでいるでしょうね。

そこで今回は、髙⽊菜那選手の出身高校や所属はどこなのか、両親の職業や家族構成を調査しました。

目次

髙⽊菜那のプロフィール

名前:高木菜那(たかぎ なな)

生年月日:1992年7月2日

年齢:29歳

出身地:北海道中川郡幕別町

身長:155cm

体重:48kg

所属:日本電産サンキョー

高木菜那さんは、北海道幕別町の生まれで29歳です。

高木さんは、前回大会の平昌オリンピックでは、団体パシュートとマススタートでそれぞれ金メダルを獲得し、夏季・冬季を通じて、日本人女子では初めてとなる、一つの大会で複数の金メダリストとなっています。

マススタートでは初代女王として五輪史上に名を刻みました。

妹はスピードスケート選手で有名な髙木美帆選手です。

2人は団体パシュートのメンバーとして夏季冬季を通じ、日本初の姉妹で金メダル獲得という快挙を達成しています。

あらゆるスピードスケート界の日本女子の記録を残しています。

史上最強の姉妹といっても過言ではないでしょうね。

そんな高木菜那さんがスケートを始めたのは、兄の影響だったようです。

札内北小学校入学後に「KSCスケートクラブ」に入り、2003年の11歳の時には、幕別町ジュニアスポーツ奨励賞を受賞しています。

さらに翌年の2004年1月、「第8回全国小学生スピードスケートスプリント選手権大会」の 女子小学校5年生の部で総合1位となるなど、小学生時代から実力を遺憾なく発揮しています。

髙⽊菜那の出身中学・高校や所属は

中学時代

高木菜那選手は、2005年4月に幕別町立札内中学校進学しています。

2007年の「第27回全国中学校スケート大会」女子1000mに出場し、優勝を果たしています。

さらに翌年2008年の「第28回全国中学校スケート大会」では、女子500mに出場し、準優勝を果たすなど、全国にその名を轟かせています。

スケートも申し子のように、次々と素晴らしい成績を収めていますね

高校時代

中学校卒業後は、北海道帯広南商業高等学校に入学しています。

帯広南商業高等学校は、北海道帯広市にある公立の共学校です。

偏差値は55で、進学先としては日本大学や札幌大学等が挙げられますが、推薦制度も充実しているので、効果的に進学を果たす事が可能だという。

また、就職に関しても地方公務員をはじめとして、各分野での一流企業への内的実績を豊富に有している高校です。

同校出身の主な有名人には、北京、ロンドン五輪代表の短距離走選手の福島千里さんや、高木菜那さんの妹の高木美帆さんをはじめ、多くの著名人や有名人がおります。

高木さんは、スケート競技を行うために、スケート部の強豪校であるこの高校を選んでいます。

そして、自身のトレーニングのために新聞配達をしており、早朝の日が昇る前に起き、午前6時ごろまで自転車で配達していたという。

努力家でもあり、頑張り屋さんですね!

でも、疲労のためか授業中に寝てしまうこともあったようです。

高校時代の高木菜那さんは、2010年1月に行われた、「第65回国民体育大会」少年女子1500mで優勝しています。

そして、「世界ジュニアスピードスケート選手権大会」では妹の美帆さん、押切美沙紀さんとともに出場した「チームパシュート」で銀メダルを獲得するなど、相変わらずの強さを発揮し続けています。

また、「第1回ジャパンカップスピードスケート競技会」の少年女子3000mで優勝を果たしています。

所属先は日本電産サンキョー

高校卒業後は、「日本電産サンキョー」に所属しています。

翌年2012年には、「全日本ジュニアスピードスケート選手権」に出場し、総合優勝を果たしています。

2014年21歳の時には、ソチオリンピックのメンバーに選出され、活躍されています。

その後、練習拠点をオランダに移し、パシュートの実力をつけていきます。

そして2015年の「世界距離別スピードスケート選手権」団体パシュートの部に出場し、日本初の金メダルを獲得しています。

さらに、2018年平昌五輪では、妹の美帆さん、佐藤綾乃さん、菊池彩花さんと出場し、金メダルを獲得しています。

オリンピックで日本の女子選手が、1大会に2個の金メダルを獲得するのは、夏季冬季を通じて史上初の快挙だったそうです。

2018年褒章では、紫綬褒章を受章されています。

高木菜那の両親(父母)の職業や兄弟・家族構成

https://twitter.com/VEGE_METAL/status/967406621612687360

父の職業

高木菜那さんの家族構成は、父親・母親・兄・妹・本人の5人家族です。

お父さんは、高木愛徳(たかぎよしのり)さんという方で、職業は農機メーカーに勤務する会社員で、スケートは未経験のようです。

そして子供たちのもスケートを進めたことはないという。

オリンピック選手となった菜那さんと美帆さんの2人に関して、取材の申し込みもあったそうですが、「普通の親子」でいることを心掛け、「親として取材は受けるが、自宅に来るのはやめてほしい」と取材ルールを作り、家族の平穏を守っているそうです。

2人の娘を愛する父としての愛情だったのでしょうね。

娘さんたちは定期的に実家に顔を出していますが、競技に関する話はほとんどしないという。

カッコいいお父さんですね!

娘を見守る母親

高木菜那さんのお母さんは、「高木美佐子」さんという方で、幕別町の実家で娘2人の活躍を見守っており、お父さん同様にたっぷりの愛情を注いでいるようです。

兄もスケート選手

高木さんのお兄さんは、「高木大輔」さんという方で、かつてはスピードスケートの選手だったそうです。

妹の菜那さんと美帆さんがスケートを始めたのは、兄の影響があったからです。

現在は、地元の幕別町内で保健体育の教諭を務めながら、スケート指導も行っているそうです。

関連記事はコチラ

北京冬季オリンピック2022の注目選手のまとめ記事一覧

高木美帆はサッカーも超一流だった?所属チームはどこで出身高校や大学も調査!

郷亜里砂の実家はホテル運営で場所や名前は?両親や兄弟の家族構成も調査!

小平奈緒の生い立ちや家族構成を調査!出身高校はスケート部が無いって本当?

佐藤綾乃(スケート)の父親はカニ漁師で兄弟の家族構成は?高校大学や所属も調査!

押切美沙紀の妹はラグビー選手って本当?両親や兄弟の家族構成や出身高校を調査!

髙⽊菜那の出身高校や所属まとめ

今回は、髙⽊菜那選手の出身高校や所属はどこなのか、両親の職業や家族構成を調査しました。

高木菜那さんは、北海道幕別町の生まれで29歳です。

高木さんは、兄の影響でスケートを始め、小学校時代には全国大会で1位になるなど、スケートの素質を開花させていきます。

中学時代も全国大会では優勝・準優勝などの成績を収め、全国に名を轟かせます。

高校は、スケート強豪校の帯広南商業高等学校に進学し、さらに素晴らしい成績や記録を次々打ち立てています。

高校卒業後は、日本電産サンキョーに所属し、オランダに練習拠点を移すなどの努力が実り、平昌五輪では妹の美帆さんと金メダルを獲得しています。

父や母、兄の家族愛の下で、さらに進化を続けていくでしょう。

北京五輪でも、ぜひ実力を発揮し、頑張ってもらいたいですね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる