丹所健はハーフで母親がコロンビア人?出身高校やプロフィールを調査!

毎年恒例の箱根駅伝がいよいよ開催されますが、東京国際大学の丹所健選手が注目されています。

どんな選手なのか気になりますよね!

そこで今回は、丹所健選手はハーフで、母親がコロンビア人なのか、出身高校やプロフィールを調査しました。

目次

丹所健のプロフィール

名前:丹所健(たんしょけん)

年月日:2001年2月7日

年齢:20歳

出身地:神奈川県横浜市

身長:177㎝

体重:60kg

丹所健選手は神奈川県横浜市出身の20歳です。

丹所選手は、平戸中学校の1年生から陸上を始めており、湘南工大付高を経て、2019年に東京国際大人間社会学部に入学しています。

丹所選手の自己ベスト記録は、5000メートルでは13分46秒17、1万メートルでは28分19秒17です。

また、尊敬するアスリートについては、3学年上の先輩の伊藤達彦さん(ホンダ)と、サッカーのスウェーデン代表FWイブラヒモビッチさん(ACミラン)だそうです。

丹所選手の身長は177cmで体重は60キロというスリムな体形ですね。

160㎝~170cm台の選手が多い中では、頭一つ違いますね。

丹所選手も大学入学当時は、身長が170㎝という情報があり、入学してから伸びたことになりますね!

自身の走りについて丹所選手は、「強いて言うなら粘り強い走かな」と話しています。

今回の箱根駅伝では、2区か3区の出陣が決定的と言われている丹所健選手です。

丹波選手の抱負はズバリ「湘南で爆走すること」だといいます。

丹所選手の母校である横浜市立平戸中は2区、湘南工大付高は3区の沿道に位置しています。

地元で大暴れするイメージは出来上がっているようで、自然と力も湧いてきますね~

今年の出雲駅伝では東京国際大学が初優勝を飾り、その走り方は粘り強さと積極性があり、混戦を一気に抜け出しています。

優勝の立役者の一人として、ニュースでも大きく取り上げられました。

今年の箱根でも爆走してもらいたいですね!

東京国際大学では、ヴィンセント・丹所・山谷の3選手で過去最高の3位を狙っているようでが、出雲駅伝に続いて箱根路も制する勢いですね!

丹所健の出身高校は

丹所健選手の出身高校は、湘南工科大学付属高等学校です。

ちなみに、バスケ漫画の王道「スラムダンク」の強豪校である海南大付属のモデルは、ここ湘南工科大付属高校です。

バスケをはじめサッカー、テニス、競泳などプロのアスリートを輩出している有名校でもあります。

主な有名人には、サッカーの奥寺康彦さんや、テニスの杉山愛さんをはじめ多くの著名人や有名人がいます。

丹所選手の高校時代は、南関東大会5000メートルで11位に入ったのが最高成績だったという。

丹所健の東京国際大学での成績は

東京国際大学に入学後の丹所選手の成長速度は素晴らしく、1年生の時は、6月の全日本大学駅伝選考会に2組6位となり、トップ通過で全日本初出場に貢献しました。

1年・2年と続けて箱根駅伝1区を任されており、成績は区間13位、15位と目立った成績ではありませんでしたが、自身が持っている粘り強さで、走り切りました。

2年生の全日本大学駅伝では2区を任され、タスキを受け取った直後の13位から一気に5人抜きをするという、快挙を成し遂げています。

さらに、3年生になってからもその勢いは止まることなく、10月に行われた出雲駅伝では優勝につながる力強い走りを見せていました。

丹所健はハーフで母親がコロンビア人?

丹所健さんの家族は、両親と3人の姉の5人家族です。

丹所健選手のお顔は、目がちょっとたれていて、親しみやすさや人懐っこさがありますね。

また、その甘いマスクからは、ハーフではないかという噂があります。

丹所健さんのSNSでは、ハーフ同盟という投書がされており、「仲間が増えたことが何よりうれしい」とツイートされています。

また、東京国際大学の大志田監督へのインタビューの際は、次のようなコメントがありました。

ちなみに、大志田監督が思う“女性から人気がありそうな選手”は?

「うむ……(笑)。2年の丹所健(選手)はコロンビアとのダブルで、走る姿も爽やかですね。走力も高い選手です。(大志田監督)

引用元:withonline

このようなことから、丹所選手はコロンビアとのハーフであることがわかりますね。

さらに、お母さんがコロンビア人というツイートもありました。

https://twitter.com/ohashinanokana/status/1447086107519172608

このことから、母親がコロンビア人で、父親が日本人のハーフである可能性が高いようですね!

丹所健はハーフで母親がコロンビア人まとめ

今回は、丹所健選手はハーフで、母親がコロンビア人なのか、出身高校やプロフィールを調査しました。

丹所健選手は横浜市生まれの20歳

中学校1年生から陸上を始め、湘南工科大付属高校を経て、東京国際大学に入学しています。

高校時代は、陸上選手として目立った成績は収められなかったようですが、大学入学後にメキメキと成績を伸ばし、全日本初出場にも貢献しました。

さらに今年の出雲駅伝では、初優勝に貢献する走りを見せるなど、持ち前の力を開花させています。

また、甘いマスクで長身というモテタイプで、ハーフの噂については、母親がコロンビア人で父親が日本人のハーフの可能性が高いようですね。

ぜひ箱根駅伝では、自身の力を出し尽くして、頑張ってもらいたいですね!!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる