飛田流輝の父親の職業はスノーボーダー?兄弟の家族構成や出身高校・大学を調査!

スノーボードの飛田流輝選手が、北京五輪の日本代表に内定し、五輪の一番高いところに登りたいと、意気込みを見せています。

飛田選手の心強い言葉ですね!家族も喜んでいるでしょうね~

そこで今回は、飛田流輝選手の父親の職業はスノーボーダーなのか、兄弟などの家族構成や出身高校を調査しました。

目次

飛田流輝のプロフィール

名前:飛田流輝(とびた るき)

生年月日:1999年5月7日

年齢:22歳

身長:165cm

体重:50kg

出身地:東京都足立区

飛田流輝選手は、東京都足立区生まれの22歳です。

飛田選手は、北京オリンピック2022のスノーボードで、ビッグエアとスロープスタイルの2種目に出場します。

昨年3月の世界選手権のビッグエアでは、4位入賞をしており、今回の北京五輪ではメダルが期待されるところですね!

飛田流輝選手がスノーボードを始めたのは、3歳の頃、父親が新潟のゲレンデに連れて行ってくれたのがきっかけで、始めたそうです。

5歳の頃には大人顔負けの滑りを見せていたそうです。

飛田選手は、中学校3年の時に、ハーフパイプからビッグエアとスロープスタイルに転向しています。

飛田流輝の出身高校・大学・所属先

高校時代

飛田流輝選手の出身高校は、成立学園高等学校です。

成立学園高校は、東京都北区にある私立高校で、特進コースには「アスリートクラス」も設置されているようです。

部活動も盛んで、サッカー部と男子バスケットボール部は強豪校として知られています。

特にサッカー部は多くのプロ選手を輩出していることで有名です。

主な同校の卒業生には、サッカー選手の一井賢人さんや、お笑い芸人で俳優の今野浩喜さんをはじめ、多くの著名人や有名人がおります。

成立学園高校には、スノーボード部がありませんので、飛田さんは平日はジムなどで体を鍛え、週末にスノーボードの練習をしていたようです。

大学時代・所属先

高校卒業後は、日本体育大学に所属し、プロのスノーボーダーとして活躍しています。

また、2022年の1月からは、不動産関連会社の「ウィルレイズ」と契約しています。

ウィルレイズでは、女子車いすマラソンなどで、パラリンピック夏冬計8回出場の土田和歌子選手も所属していることで有名です。

飛田流輝選手の主な成績は、次のとおりです。

2018年:全日本選手権スロープスタイル 優勝

2019-20:W杯スロープスタイル 総合優勝
2021年:世界選手権ビッグエア4位
2021年まで:W杯2位2度、3位1度

飛田流輝の両親(父母)や兄弟の家族構成

飛田流輝選手の両親や兄弟などの家族構成については、調査をしましたが、父親に関してはわずかな情報があっただけで、詳細についてはわかりませんでした。

父親の職業はスノーボーダー?

飛田選手の父親は、飛田義弘さんといい、52歳になる方です。

「1歳の時から、僕に抱かれて雪の上を滑っていた」

5歳の時には「大人と遜色ない滑りを笑いながらこなしていた。自分の息子だけど、これはやばいと思った」

引用元:日刊スポーツ

父の義弘さんは、いつも飛田流輝選手そばにいて、技を磨く為にビデオ撮影をしたり、アドバイスをしたそうです。

また、埼玉の自宅から新潟の湯沢町まで、飛田流輝選手の練習のため、片道3時間半かけて送迎をしてきたそうです。

お金もかかりますし、息子のためとはいえ、時間的なものも相当費やしたでしょうね。

愛する息子のためにサポートを続けてきたのですね。

そんな父親に対し、北京五輪代表に内定した飛田選手は、次のように話しています。

一番感謝を伝えたい人に「家族」と答えた飛田選手

家族には1番最初に五輪内定の連絡をし、「大会本番も流輝らしく頑張ってね」と言葉をかけられたことを明かし、「ポジティブな言葉をかけてくれて励みになった」と話しました。

引用元:Yahoo!ニュース

飛田選手の父親の職業については、はっきりとはわかりませんでしたが、新潟のスキー場への送迎が20年間くらい続いていましたので、職業がスノーボーダーなのでは、という発想がされたのかもしれませんね。

関連記事はコチラ

北京冬季オリンピック2022のスキー・スケート・スノボーの人気記事一覧

平野流佳の所属は大学スキー部?高校はどこで兄弟両親の家族構成を調査!

冨田るきの出身高校や大学・所属は?両親がスノボー大好きで家族構成を調査!

濱田海人の出身高校や所属はどこ?兄弟や両親(父母)の家族構成を調査!

高原宜希の出身高校や大学・所属は?父親母親や兄弟の家族構成を調査!

飛田流輝の父親の職業まとめ

飛田流輝選手は、東京都足立区生まれの22歳です。

飛田選手が3歳の頃、父親が新潟のゲレンデに連れて行ってくれたのがきっかけで、スノーボードを始めたそうです。

5歳の頃には大人顔負けの滑りを見せていました。

飛田選手は、成立学園高等学校を卒業後、日本体育大学に進学し、プロのスノーボーダーとして活躍し、現在は不動産関連会社の「ウィルレイズ」に所属しています。

北京五輪の出場内定が決まった時は、一番感謝を伝えたいのが「家族」と答えています。

「本番も頑張って!」という家族の応援もあり、励みになったそうです。

ぜひ、北京オリンピックの本番では、実力をはっきしてもらいたいですね!!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる