【顔画像】横田くるみ(シバター嫁)年齢や経歴は?ミシェル社長のプロフィールを調査!

総合格闘家のシバターさんといえば、YouTuberとしても有名ですが、奥さんの横田くるみさんも気になりますね!

そこで今回は、格闘家・シバターさんの嫁の横田くるみさんの年齢や経歴、ミシェル社長というプロフィールを調査しました。

目次

横田くるみの顔画像・プロフィール

年齢や出身地は

名前:横田くるみ

本名:齋藤クルミ

出身地:香川県

学歴;短大秘書課を卒業

職業:(株)MICHEL(ミシェル)社長

横田くるみさんは、格闘家・シバターさんのお嫁さんで、香川県の出身の方です。

とても綺麗な方ですね~

年齢についてはわかりませんでしたが、短大の秘書課を卒業されているようです。

学歴や経歴は

横田さんは、短大を卒業した後、香川銀行に就職しました。

3年間勤務したのち、広告や出版関係の仕事がしたいと思ったそうで、リクルートに転職しています。

リクルートでは、結婚情報雑誌ゼクシィの四国支社リーダーを務め、MVPや全国組織賞で金賞を受賞するなど素晴らしい活躍をしていたそうです。

香川銀行からリクルートへ転職するなど、かなりのエリートだったようですね!

当時東京で働いていましたが、東日本大震災がきっかけとなり、香川県へのUターンをされています。

その後、自分の将来や仕事、結婚などについて深く考えるようになったようです。

そして、女性が働きやすい会社を作りたいと考え、2012年に同じリクルートで働いていた女性4人とともに、「(株)ミシェル」を立ち上げたのです。

素晴らしい行動力と考えですね!

横田くるみが社長!(株)MICHEL(ミシェル)とは

横田くるみさんが社長を務めている(株)ミシェルとはどんな会社なのでしょうか。

(株)ミシェルは、瀬戸内を拠点にしたブランディング・PRの会社のようです。

マーケティングとデザインを通して企業や商品、サービスなどのブランド開発やプロダクトの拡大展開していくPRのサポートを行っているという。

主な事業内容は、デザインソリューション事業・英語教育・国際交流事業です。

デザインソリューション事業では、さまざまな企業のロゴやサイトの制作、ブランディングに携わっています。

また、英語教育事業では、オンラインスクールを運営し、短時間で英語を習得できるようなシステムを提供しているそうです。

(株)ミシェルでは、契約社員を含めて9名の女性で運営しているそうです。

子育て中の女性も多く活躍しているそうで、フレックス制度の導入や、リモートワーク、そして無駄な時間を省くためにWEB会議を推奨するなど、働く女性が活き活きと仕事ができる環境づくりを積極的に行っています。

まさに、子育てや女性の働きやすさを追求して、横田さんが女性のための会社を作るという、当初の目的通りの会社ですね!

横田くるみのシバターの馴れ初めと子供は

馴れ初めは

横田くるみさんとシバターさんとの馴れ初めについては不明でした。

しかし、横田さんは東京で働いていた時期がありますので、その時に出会ったのかもしれませんね。

でも、横田さんが香川にUターンしたことで2人は遠距離恋愛となってしまいました。

そして、2017年4月にシバターさんは公式サイトで結婚を報告しています。

奥さんが妊娠していることを合わせて報告しています。

結婚を決めたのは、奥さんの妊娠がきっかけだったようですね~

いわゆるできちゃった婚ということですね!

子供は何人?

横田さんとシバターさんとの間には、お子さんが1人おります。

2017年4月にシバターさんは、奥さんの妊娠も発表していますから、生まれたのは2018年の1月~2月頃ではないかと思われます。

現在のお子さんの年齢は、4歳くらいになると思われます。

性別は女の子のようですが、名前は公表されていませんでした。

横田くるみの年齢や経歴まとめ

今回は、格闘家・シバターさんの嫁の横田くるみさんの年齢や経歴、ミシェル社長というプロフィールを調査しました。

横田くるみさんは、香川県生まれで、短大を卒業後に香川銀行に就職しています。

3年間勤務した後、広告や出版の仕事がしたいと思い、リクルートに転職!

リクルートでは、結婚情報雑誌ゼクシィの四国支社リーダーを務めるなど精力的に活動していました。

しかし、東日本大震災をきっかけに、自分自身の生き方を見つめ直し、地元香川県で起業します。

女性が生き生きと働きやすい会社を作りたいと考え、(株)MICHEL(ミシェル)を立ち上げ、社長となります。

2017年には、格闘家のシバターさんと結婚してお子さんを授かるなど、順風満帆のようです。

今後も女性活躍推進の第一人者として、活躍してもらいたいですね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる