藤井直伸の目の不調の原因は胃がん?ステージ4の現状や治療法を調査!

バレーボール男子で、昨年の東京五輪代表のセッターとして活躍した藤井直伸選手が、胃がんのステージ4であることを公表しました。

そこで今回は、藤井直伸選手の目の不調の原因は胃がんだったのか、ステージ4の現状や治療法を調査しました。

目次

藤井直伸の目の不調の原因は胃がん?

バレーボール男子のイケメンセッターとして、東京五輪でも活躍した藤井直伸選手が、がんステージ4であることを公表しました。

藤井選手が胃がんと分かったのは、目に異変を感じて検査したことだったようです。

藤井選手は、トスを上げた時、「ボールが2つや3つに見える」など目の異変を訴え、さまざまな要因を探るべくして、検査入院をした結果、発覚したという。

目の不調は、胃がんが脳に転移していることが影響しているそうです。

目に不調があることと胃がんが結びつく理由は何なのでしょうか。

藤井さんの場合は、がん細胞が脳まで転移していたことにより、視力を司る脳神経までも、癌細胞に侵されてしまったことが原因で、視力に影響が出てきたようです。

藤井直伸のがんステージ4の現状や治療法は?

https://twitter.com/aegisddg176/status/1498188553104224261

藤井直伸選手は、自身のインスタグラムで胃がんのステージが4だと医師から宣告されたと、明かしています。

胃がんのステージ4と聞いたときは、相当なショックだったと思われますが、気丈にも次のように語っています。

「心配してくださっていた皆様、報告が遅くなってしまったこと申し訳ございません。僕も、家族も少し整理する時間が必要だったことをご理解ください」と謝罪した。

 「最初に診断された時は驚き、不安、怖さ、色々な感情がありましたが、家族・チームメイトの温かい支えにより、もう前を向いてこの病気に打ち勝つという強い意志を持っています!!」と立ち向かう覚悟を示した。

引用元:スポニチアネックス

そして、簡単に克服できる病気ではないけれども、共に戦ってくれるかげがえのない仲間や、温かく心強い家族、応援してくれるみなさんの力をエネルギーに変え、必ず元気になると、力強く完治宣言をしています。

そして、現在の状況については、次のように話しています。

「現在の治療状況ですが、欠場させていただいている間に頭の放射線治療は終了いたしました。

明日から抗がん剤の治療に入る予定です。強い気持ちを持って頑張ります!!応援よろしくお願いします!!」

引用元:スポニチアネックス

本当に爽やかな青年で、誰からも慕われ、たくさんの方が応援しています。

ぜひ病気に打ち勝って、コートに戻ってきて欲しいですね!

みんなの声は

会社員A

胃がんからの脳への遠隔転移で、ステージ4とは厳しい状況ですが、医学は日進月歩です。最善の治療が受けられます様願っております。

女性B

とてもびっくりしました。簡単には言えませんが、この病気を克服してくれることを心から祈っています。

若者B

まさか目の不調から胃癌ステージ4て、想像もつかないですよね。闘病は「気持ち」も絶対必要だから本当に頑張ってほしいです!

女性A

まだまだ若いのでまずはゆっくり治して復帰して欲しい。
きっと良くなると信じます!

藤井直伸の目の不調の原因まとめ

今回は、藤井直伸選手の目の不調の原因は胃がんだったのか、ステージ4の現状や治療法を調査しました。

目の不調と胃がんが結びつくとは、びっくりした方も多いようです。

藤井さんの場合は、がん細胞が脳まで転移していたことにより、視力を司る脳神経までも癌細胞に侵されてしまったことが原因で、視力に影響が出ていたんですね。

ステージ4の現在の状況は、試合を欠場している間に、頭の放射線治療は終了したそうで、今後は、抗がん剤の治療に入る予定だという。

藤井選手自身も、強い気持ちを持って頑張ると話していますので、私たちも完治できるよう祈りたいと思います。

ゆっくり直していただき、またコートに戻ってきて欲しいですね!!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる