橋本稔子の経歴や顔画像!井ノ口忠男の姉で日大との関係は?

日大板橋病院の建て替え工事をめぐっては、日大理事の井ノ口忠男容疑者が背任容疑で逮捕されるなど、不正に資金が流れた疑いがあるようです。

そこで今回は、井ノ口忠男の姉の橋本稔子の経歴や顔画像、日大との関係などについて見ていきたいと思います。

目次

井ノ口忠男の姉は橋本稔子

日本大学医学部付属板橋病院の建て替え工事をめぐる背任事件では、日大理事の井ノ口忠男容疑者が逮捕されました。

橋本稔子氏は、井ノ口忠男容疑者の姉で、井ノ口容疑者が大阪でゴルフ関連の会社『チェススポーツ』を設立してから、トーナメント運営などは2人で大会窓口になっていたようです。

2人は、大会スポンサーを務める大阪のレジャー関連会社の経営者に食い込み、タイガーウッズのチャリティーマッチを手掛けるなど、仕切り役としての手腕を見せていました。

橋本稔子氏は、女傑という表現がピッタリ合うほど、有力者に取り入るのが上手かったそうです。

橋本稔子の経歴と顔画像

橋本稔子氏の年齢は公表されていませんが、弟の井ノ口忠男氏が64歳ですので、60代後半ではないかとみられます。

橋本氏は、株式会社エルフエージェンシーの女性社長として幅広く事業を展開しているようです。

株式会社エルフエージェンシーとは、大阪に拠点を構える広告代理店であり、昭和55年の設立以来、38年の歴史がある会社です。

主な事業内容は、番組制作、CM制作、広告代理業からイベントの企画まで、幅広く事業を行っているようです。

橋本氏は交友関係も広く、その人脈は人並み外れたものがあるという。

関西テレビやTBSなど大手の放送局をはじめ、日本大学や藍野大学などの教育機関の広告、そして、ゴルフ界のスーパースターである、タイガーウッズが出演した番組を手がけるなど、多くの番組制作を手掛けています。

その他にも、ビートたけし氏や泉ピン子氏などのキャスティングを行うなど、大物芸能人の名前があることからも、実力は相当なものだという。

橋本稔子の性格は

橋本稔子氏は、人脈も人並み外れており、交友関係も多いようですが、どんな性格なのでしょうか。

橋本氏の性格は明るく、会話をすることが好きであり、多くの人とのつながりを大切にしているようです。

人とのつながりを大切にする人は、人からも信頼が得られますよね!

仕事でも繋がりを大事にする女性のようで、会社でも多くの芸能人やスポーツ選手との人脈を築くことができたようです。

広い人脈を作るために、様々な知識や情報を持ち合わせており、話題やその内容も豊富だったそうです。

楽しくて明るい話は誰もが寄ってきますから、そこで人を喜ばせてさらに人脈は広がりますね。

好循環が広がっていく感じなのでしょう。

コミュニケーション能力に長けているのでしょうね。

橋本氏はこのようにして、人脈を広げていったのですね~

橋本稔子と日大との関係は

弟の井ノ口忠男氏は、やり手の人物のようで、大学外部から物品を調達する日大事業部を実質取り仕切っていた頃、2015年に約16億円だった事業部の売り上げを、2017年には約70億円まで伸ばし、その貢献が田中理事長に認められ、2017年に理事に抜擢されています。

そして橋本稔子氏は、田中理事長が唯一、頭が上がらないといわれる奥さんの優子夫人に気に入られ、弟の井ノ口氏が理事になるよう、力を発揮したようです。

橋本氏自身も日大の広報・宣伝を任されるまで食い込んでいったようです。

人並外れた人脈づくりができるくらいですから、この手の関係を築くのは容易だったかも知れませんね~

日本大学との関係は、もともと取引先という繋がりがあったようです。

橋本稔子氏は、自身が代表を務める(株)エルフエージェンシーの広告戦略によって、日本大学の受験者数が大幅に増加するなど、信頼もあったようですね。

橋本稔子の経歴まとめ

今回は、井ノ口忠男氏の姉の橋本稔子氏の経歴や顔画像、日大との関係などについて見て きました。

橋本稔子氏は、番組制作やCM制作、広告代理業からイベントの企画まで行う、(株)エルフエージェンシーの女性社長でしたね。

昭和55年に設立し、38年の歴史ある会社の女傑と言われるほどの手腕で、事業を拡大していったようです。

日大との関係では、取引先という繋がりがありましたが、日大の理事長夫人にも気に入られ、弟である井ノ口忠男氏が日大理事に抜擢されるほど、社交性と信頼関係を築いていったようです。

日大板橋病院の背任事件では、これから事件解明に向かっていくところです。

今後の捜査の行方に注目されますね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる