【炎上】林家三平の不謹慎ダジャレがコチラ!スタジオ全員が凍りついた?

落語家の林家三平さんが、『世界まる見え!テレビ特捜部』に出演し、紹介VTRが流れ、出演者が悲しみに暮れている中でとんでもないダジャレを披露しました。

そこで今回は、スタジオ全員が凍りついた、林家三平さんの不謹慎ダジャレについて見ていきたいと思います。

目次

「世界まる見え!」の紹介VTRとは

落語家の林家三平さんは、2月21日放送された『世界まる見え!テレビ特捜部』に出演されました。

番組の紹介VTRの内容は、アフリカで猛獣を狩るビジネスが流行しているもので、野生動物を囲いのある敷地に放ち、人間が銃を持って襲いかかる「キャンド・ハンティング」というものです。

この「キャンド・ハンティング」は、欧米の富裕層の間で人気を集めているようで、その中でもライオン狩りは特に人気があるそうです。

「世界まる見え!」の番組によると、アフリカの一部地域では、ライオン狩り用の繁殖場もあるそうです。

その理由は、狩りの標的にしようと人間が近づいても逃げないようにするため、赤ちゃんのライオンを、生まれてすぐに母から離して、人間が育てているそうです。

ちょっとそこは、生まれたての赤ちゃんをすぐ離れ離れにするなんて、人間で考えれば残酷ですよね。

もちろん母ライオンにしては、生まれたばかりの我が子が心配ですよね。

子ライオンも、母親の母乳を飲みたいところです。

また番組では、狩りで襲われケガをしたライオンを助ける団体も存在すると紹介し、この団体は、「キャンド・ハンティング」を批判しています。

ここまで聞いても、心が痛みますよね。

林家三平の不謹慎ダジャレがコチラ!

スタジオ内が重い雰囲気に包まれ、誰しもが神妙な顔つきになっていました。

中篠あやみさんは、人間が一番怖い生き物だと思う、と話していました。

そして、佐野勇人さんも、命をもてあそぶように見える、と嘆いていました。

ここで、司会の所ジョージさんが三平さんに向かって、「三平さん、また何か考えてます?」と振ったところ、次のような信じられないダジャレを披露!

そのダジャレがコチラです。

「人間って有利ですよね? ライオンはやっぱり『あ、不利(フリ)か』」

このダジャレに、鈴木紗理奈さんは

「見てました? ちゃんと、VTR…」

と、イヤミを放っていました。

噺家としては、場の雰囲気がわからないことは最悪ではないでしょうか。

これでは、笑点をクビになっても納得ですね。

林家三平の不謹慎まとめ

今回は、スタジオ全員が凍りついた、林家三平さんの不謹慎ダジャレについて見てきました。

笑点レギュラーとして5年間頑張ってこられたわけですが、せっかくのチャンスをみすみす手放してしまったような発言ですね。

今後の活躍を期待したいところです!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる