廣津留すみれの両親(父母)の職業は何?兄弟や家族構成・出身中学・高校を調査!

バイオリニストの廣津留(ひろつる)すみれさんは、ハーバード大学に現役合格し、主席卒業のようです。

しかも、塾にも通っていなかったそうですよ!

そこで今回は、廣津留すみれさんの父親母親の職業や、兄弟などの家族構成、そして出身中学・高校を調査しました。

目次

廣津留すみれの母親の職業や教育方法が凄い!

母親独自の教育方針とは?

廣津留すみれさんの母親は、廣津留真理(ひろつるまり)さんという方で、英語塾を主宰しています。

お母さんの真理さんは、すみれさんを腹に宿したときから、日米で発行される育児書を、およそ200冊読み込んで独習し、独自の教育方針を立てて娘への教育を施したそうです。

その方法は、真理さん本人が好んでいた「英語」と「音楽」を軸として、学習塾などには通わせることなく、自らが施す家庭学習だけで、すみれさんの持つ可能性を伸ばそうと試みたそうです。

そして、すみれさんが誕生して間もないうちから、真理さんは、英語や日本語で記された絵本や英検の教材を用いて、積極的に読み聞かせを始めたそうです。

4歳で英検3級に合格!

2歳からは種々の絵本を基に日本語と英語の読み方を教えることから、英語学習を始めたという。

その結果は、すみれさんは4歳で英検3級合格を果たしたそうです。

また、子供向けに記された平仮名の部分に、漢字を手書きした紙片を貼り付けて、幼少期から数多くの漢字に親しませたそうです。

初めてのお子さんで、自分自身が考えた家庭学習だけで子供の可能性を伸ばすという、発想自体が普通の人には考えられんせんね~

余程自分自身に自信がないとできないと思いますが、4歳で英検3級に合格するのは普通ではありませんよね!

まず、日本語自体がきちんと話せるようにするのが、一般的だと思いますよね。

4歳で譜面が読める

そして2歳からは、英語学習に並行して、バイオリンも始まったそうです。

クラッシック音楽に親しんでいたという真理さんは、バイオリンの演奏は、講師を自身で厳選して、すみれさんにつけたそうです。

そして、真理さんが得意のピアノで、音遊びをしながら娘の絶対音感を養いながら、手製の音符カードを製作して学習を進めた結果、すみれさんは4歳で譜面を間違いなく読めることができるようになったそうです。

絶対音感というのは、生まれつき持っているものなのかと思いましたが、養えればできるものなのでしょうか。

でも4歳で譜面が間違いなく読めるなんて、すでにこれだけでも天才ですね!

バレエや体操教室はやめた

すみれさんが3歳の時には、娘の将来を考え、バレリーナへの選択肢も取れるよう、バイオリンに加えて、クラシック・バレエをも習わせ始めたという。

でも、娘さんがパリ・オペラ座の入団条件を満たす体型ではなかったことや、自宅にバレエを練習するための十分な設備を整えていくには難しいと判断したため、こちらは6歳の時に止めたそうです。

その他にも、体操教室にも通わせたそうですが、本人にやる気が感じられなかったことや、真理さん自身が気が進まなかったために3か月間で終えたそうです。

その代わりに、毎日欠かさず母娘で、一定の時間をかけて近隣を散歩することにしたそうです。

こうして幼児期は、すみれさんの就学前に漢字、英語、算数、音楽や体力づくりを施したそうです。

ここまでが、未就学期に母親の真理さんが施した学習方法です。

さらに、今後小学校入学から、高校時代まですみれさんへの教育を指南していったようです。

廣津留すみれの父親や兄弟・家族構成は

https://twitter.com/sunjapo_tbs/status/1403872802000703492

廣津留すみれさんの父親は、大分県で自営業をする一般人ではないかと、ネットでは推測されていますが、確証がなく、はっきりしたことはわかりませんでした。

また、ご兄弟についてはいないようで、すみれさん一人のようです。

廣津留すみれさんのご家族に関しては、その他も調べてみましたが、一般人ということもあり、公表されていないようです。

廣津留すみれの出身中学や高校は?

廣津留すみれのプロフィール

名前:廣津留すみれ(ひろつる すみれ)

生年月日:1993年7月29日

年齢:28歳

出身地:大分県大分市

職業:バイオリニスト

出身中学:大分市立上野ヶ丘中学校

出身高校:大分県立大分上野高等学校

廣津留すみれさんは、大分市生まれの28歳です。

出身中学は、地元の男女共学の公立中学校のようで、普通の中学校のようですね。

中学時代は、毎週土曜日に飛行機に乗って日帰りで、新宿にあるバイオリン教室でレッスンを受講したそうです。

出身高校は、大分県立大分上野高等学校です。

偏差値:71

大分上野丘高校は、大分市にある公立高校で、大分県内では国公私立を合わせてもトップの進学校です。

高校入学後は、学業とバイオリンを両立させる中で、高校1年生のときにイタリアで開催された国際音楽コンクールで優勝を果たしています。

次年度には、そこで得た奨学金を基に、米国内4州を回って学校内でコンサートを開いたり、音楽家を志す若者に手ほどきしたりするヴァイオリン演奏ツアーを行ったそうです。

そして母親の友人の勧めでハーバード大学を見学し、すみれさんはハーバード大学の校風や学生の多様性に強い関心を抱いたそうです。

その後、ハーバード大学の受験を決意し、バイオリンの練習も怠らず、睡眠不足の中でも頑張って合格したそうです。

高校の授業だけでなく、バイオリンコンクールに出場して優勝し、その後は米国内を回って演奏ツアーをするなど、体力も凄いですが、現役でハーバード大学に合格することは信じられませんよね!

廣津留すみれの両親の職業まとめ

今回は、廣津留すみれさんの両親の職業や、兄弟などの家族構成、そして出身中学・高校を調査しました。

廣津留すみれさんのお母さんの職業は、英語塾を主宰しています。

すみれさんが誕生してからは、独自の教育方針を立て、自身の得意分野である英語や音楽を中心にすみれさんを教育していきました。

4歳の時には、英検3級を取得し、バイオリンを習得するとともに譜面も間違いなく読めるようにするなど、一般人では想像できないようなことを成し遂げています。

廣津留すみれさんは、地元の公立中学校を卒業後、県内一の進学校に入学し、バイオリンも続けながら、ハーバード大学に現役合格をしています。

現在は、バイオリニストとして素晴らしい活躍を見せています。

今後もさらなる高みを目指して頑張ってもらいたいですね!!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる