堀島行真の両親と姉の家族構成!父母はスキー好き過ぎの教師で池田町に移住?

スキー男子モーグルの堀島行真選手は、北京オリンピックに出場が決まり、調整にも余念がありません。

堀島行真選手の家族も応援に力が入るところですね!

そこで今回は、堀島行真選手の両親と姉の家族構成について、スキーが好き過ぎる父母や、美人と噂の姉について見ていきたいと思います。

目次

堀島行真の家族構成

堀島行真の家族構成

堀島行真選手の家族構成は、父親・母親・姉・本人の4人家族です。

父親:堀島行訓(ほりしま ゆきのり)さん

母親:堀島則子(ほりしま のりこ)さん

姉 :堀島有紗(ほりしま ありさ)さん

本人:堀島行真(ほりしま いくま)さん

堀島選手の両親は、元々奈良県在住でしたが、スキーが好きで、スキーをやるために岐阜県池田町に移住したそうです。

堀島選手や姉が生まれる前のことだったそうで、本当にスキーが大好きだったのでしょうね~

でも、お子さんが生まれたのは、移住後12年経ってからだそうです。

お子さんのことは、半ばあきらめかけていたそうですから、生まれた時はうれしかったでしょうね!

では、早速見ていきましょう。

堀島行真の父親

父母はスキー好きの教師!

堀島行真選手のご両親は、奈良県に住んでいましたが、スキーが好き過ぎて、スキーをやるために岐阜県の池田町に移住されたそうです。

そんなご夫婦の間に生まれた、堀島行真選手と姉の有紗さんですから、小さい頃からスキーが好きだったこともわかりますよね!

父親はスキー指導員

父親の堀島行訓さんは、小学校の先生で、堀島行真選手と姉の有紗さんの競技生活を支えてきました、

国内大会だけでなく、海外遠征費もかかったでしょうから、費用を工面するのは大変だったと思います。

スキーの準指導員でもある行訓さんは、堀島選手の指導もされていました。

また、三重県の練習場までは、片道1時間以上もかけて運転し、サポートを欠かしませんでした。

練習後は、父親が撮影した動画を家族で見直し、気付いたことをノートに綴っていたそうです。

父子のウォータージャンプ日記

「ウォータージャンプ日記」と名付けられたそのノートは、今でも書き続けており、難易度の高い技も習得できたようです。

堀島行真選手と父親の二人三脚は、中学校3年生でジュニアのナショナルチームに入り、コーチがつくまで続けられたという。

また、中学生の時には、シーズンオフにもエアの練習ができるようにと、直径7メートルのトランポリンを約10万円で購入しています。

堀島選手のために父親が購入したもので、雪のない時期に、自宅で特訓して空中感覚を磨いたようです。

堀島行真の母親

母も教員でスキーヤー

堀島行真選手の母親の堀島則子さんも、父親同様、小学校の教員です。

堀島行真選手の姉の有紗さんが1歳の時には、則子さんは職場に復帰しています。

子供が病気になると、実家の母親が来て子供の面倒を見てくれたそうです。

また、、堀島選手は、「宿題とかわからないところは、すぐに聞いて教えてもらっていた」と話しています。

学業面でも子供たちを支える、頼もしいお母さんですね!

お母さんはスキー経験があり、競技大会にも出場経験があるほどの腕前だったそうです。

堀島行真選手にとっては、家族全員がスキーはもちろん、学業面でも支えてくれる環境にあったのですね!

堀島行真の姉

堀島行真選手の姉は、「堀島有紗」さん(26歳)という方です。

ネットでは、「可愛い」「美人」と評判になっています。

有紗さんは、堀島行真選手と同じく中京大学の出身で、フリースタイルスキーのモーグル競技の選手であり、全国モーグル選手権大会には、11年も連続出場していたそうです。

しかし、堀島有紗さんは、2020年に現役を退く決断を下し、現在はスキーのインストラクターとともに、堀島選手へのサポートをしているようです。

有紗さんは、しばらくお子さんができなかった堀島夫妻の初めてのお子さんで、スキー好きの両親はうれしかったでしょうね。

堀島選手とは2歳違いで、スキーの方は小学校6年生でモーグルを始めています。

そして、中学校3年生で全日本選手権出場の資格を取得するなど、実力も折り紙付きでした。

高校2年生の時は、全日本ウォータージャンプ選手権でビッグエアー総合で準優勝に輝いています。

また、高校3年生でアメリカUSAセレクションに出場するなど、果敢に挑戦もしていました。

堀島行真のプロフィール

名前:堀島行真(ほりしま いくま)

生年月日:1997年12月11日

年齢:24歳

出身地:岐阜県池田町

所属:トヨタ自動車

堀島行真選手は、岐阜県池田町生まれの24歳

生後1年でスキー好きの両親の影響を受けてスキーを始め、小学校4年生で本格的にモーグルを始めます。

堀島行真選手が中学校3年生の時には、「全日本ウォータージャンプ選手権」のビッグエアで行真選手が優勝し、姉の有紗さんが準優勝という姉弟でワンツーフィニッシュを決めています。

関連記事はコチラ

北京冬季オリンピック2022のスキー・スケート・スノボー人気記事

堀島行真の両親と姉まとめ

今回は、堀島行真選手の両親と姉の家族構成について、スキーが好き過ぎる父母や、美人と噂の姉について見てきました。

堀島行真選手の家族構成は、両親と姉の4人家族です。

奈良県在住だった両親は、スキーが好きで、スキーをやるために岐阜県池田町に移住しました。

両親ともに小学校教師であり、スキー経験者です。

父親は、スキーの準指導員の資格もあり、堀島行真選手を小さい頃から指導し、二人三脚で夢を叶えるために、あらゆる練習をしてきました。

母親や姉もスキー選手という、スキー一家の堀島家です。

北京オリンピックでは、ぜひ悔いのないような滑りを見せてもらいたいですね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる