井ノ口忠男の自宅はどこ?嫁(妻)や息子の家族構成は?

日大医学部付属板橋病院の建設をめぐる背任事件は、現役理事と医療法人グループの経営者が逮捕されるなどの事態に発展しています。

マンモス大学を舞台にした背任事件だけに、成り行きが注目されています。

そこで今回は、井ノ口忠男氏の自宅はどこで、嫁(妻)や息子などの家族構成はどうなのか調べて見ました。

目次

井ノ口忠男の自宅はどこ

日大医学部付属板橋病院の建て替え工事で、日本大学に多額の損害を与えたとして逮捕された、井ノ口忠男氏の自宅はどこなのか。

井ノ口忠男氏の自宅は、兵庫県芦屋市であることがわかっています。

外見から見るとかなり豪華な家だということがわかりました。

3階建ての豪邸であり、芦屋市というと地域はお金持ちが集まる地域のようで、地代も相当高いとの噂です。

https://twitter.com/giveuback2god/status/1446986079102377987

井ノ口忠男の家族構成(嫁・息子)は

井ノ口忠男の家族構成

井ノ口忠男氏は、奥さんと2人の息子さんの4人家族です。

井ノ口氏の奥さんについては、調べて見ましたが、詳しい情報はありませんでした。

しかし、二人の息子さんについては、情報がありましたので、できる限りの情報を提供したいと思います。

井ノ口忠男の2人の息子

井ノ口氏の2人の息子さんたちは、日大のアメフト部の部員でした。

長男の方については、キッカーというポジションで。、蹴るだけを専門としているようです。

しかし、重要な場面で得点を狙う「フィールドゴール」や、得点を決めた後のキックオフでは、正確なキックが要求されるという厳しいポジションでもあります。

長男は、現役時代から能力が高い選手で、56ヤードのフィールドゴールを決めたこともあるということから、話題にもなったそうです。

56ヤードのキックとは、フィールド中央から蹴って得点をするくらいの距離ですので、経験者が聞けば凄いことがわかるそうです。

大学卒業後は、日大アメフト部のコーチをされ、田中理事長の運転手兼ボディガードも務めていたそうです。

次男の方については、高校時代にアメフトの日本一を経験しており、ポジションはワイドレシーバー(WR)と言って、アメフトの花形ポジションです。

鳴り物入りで日大に進学し、1年生の時から1軍の試合に出場しています。

しかし、有頂天になりすぎたのか、その後の試合には徐々に出場機会も少なくなり、気がつけば2軍に降格になってしまいました。

でも現在は、社会人チームのアサヒビールシルバースターに所属し、活躍されているようです。

息子さんたちについては、調べれば名前は出てくると思いますが、メディアでの報道がないため、名前は掲載していません。

井ノ口忠男の自宅・家族構成まとめ

今回は、井ノ口忠男氏の自宅はどこで、嫁(妻)や息子などの家族構成はどうなのか調べてみました。

井ノ口忠男氏の自宅は、兵庫県芦屋市で3階建ての豪邸でしたね。

芦屋市という地域もお金持ちの人が集まる地域のようで、地価も高いとの噂があり、一般の人には手が届かないところのようです。

井ノ口氏の家族構成は4人家族で、奥さんと二人の息子さんがいます。

二人の息子さんは、日大アメフト部の部員だったようで、長男は後にコーチになるなど現役時代は能力の高い選手でしたね。

次男は、高校時代にアメフト日本一になるなどの経験をし、日大に入学しています。

しかし、徐々に試合に出る回数も減り、2軍へと降格になってしまいます。

でも現在は、社会人チームで活躍されているということですね。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる