伊藤有希(ジャンプ)出身高校やスキーの成績は?かわいいと評判で人柄も調査!

北京五輪のスキージャンプ競技で、メダル獲得が期待される伊藤有希選手!

出身高校やスキーの成績も気になりますね。

そこで今回は、スキージャンプの伊藤有希選手の出身高校やスキーの成績、かわいいと評判で人柄も調査しました。

目次

伊藤有希のプロフィール

年齢や所属は

名前:伊藤有希 (いとう ゆうき)

生年月日:1994年5月10日

年齢:27歳

出身地:北海道下川町

所属:土屋ホーム

伊藤有希さんは、北海道下川町の出身で27歳です。

北海道上川町といえば、スキージャンプのレジェンド・葛西紀明さんが同町の出身ということで有名ですね。

また、葛西さんは同郷の土屋ホームの監督をやっており、伊藤さんも入社しているようです。

伊藤さんは、父方に全国大会上位に入賞したジャンプ選手や、母方には母親の北嶋真智恵さんなどアルペンの全国大会上位入賞者を持つスキー一家です。

伊藤さんが4歳の時に、父がコーチを務める「下川ジャンプ少年団」でスキージャンプを始めています。

そして、2006年夏には、日本最年少の小学6年生で大倉山ジャンプ競技場 (ラージヒル) を飛んで注目を集めています。

小学校6年生で大倉山のラージヒルを飛ぶなんて凄いですね~

スキー一家と言われるだけの血統があるのですね!

さらに、翌年2007年3月に札幌で行われた、FISコンチネンタルカップでは、日本人最高の4位入賞を果たし、翌日の2本目に最長不倒の95mをマークして、3位という成績で史上最年少で表彰台に登っています。

年齢も13歳の時ですから、中学1年生ですね!

伊藤有希の出身高校やスキーの成績は

伊藤有希さんの出身高校は、北海道下川商業高等学校です。

下川商業高等学校は、商業教育による「人づくり」を理念に、目指す人間像を「健康で創造力豊かな人」「明朗で協調性に豊む人」「誠実で実践力溢れる人」とし、次代を担う人材の育成に努めている学校です。

スキー部(ジャンプ、ノルディック複合)の部活動は、全国レベルで多くの日本代表選手を輩出しています。

伊藤有希さんは、2011年3月に行われた、蔵王ジャンプ競技場でのコンチネンタルカップに出場し、国際大会初優勝を果たしています。

さらに同年には、エストニアで開催された「ノルディックスキージュニア世界選手権」に出場し3位という成績を収めています。

また2013年には、 イタリアで開催された世界選手権の混合団体に、伊東大貴選手・高梨沙羅選手・竹内択選手とともに出場し、金メダルを獲得しています。

素晴らしい高校時代の成績ですね~

常に世界を視野に入れ、そして金メダルを獲得するなど、順風満帆な競技成績ですね。

伊藤有希の土屋ホームでの成績は

伊藤有希さんは、高校を卒業すると、同郷の葛西紀明さんが監督を兼務する、土屋ホームへ入社します。

入社後のスキーの戦績は、一桁台の順位の成績を残し続け、翌年に蔵王で行われたワールドカップで準優勝して初めて表彰台に登っています。

また、2014年のソチオリンピックでは、7位入賞を果たしています。

五輪後のW杯でも安定した成績を残し、4度表彰台に登っています。

このシーズンでは個人戦16戦に出場し、14戦で一桁順位に入るなど、素晴らしい成績を残しています。

伊藤有希の主な成績

伊藤有希選手の主な世界戦での個人成績は次のとおりです。

冬季オリンピック
・2014年ソチオリンピック (ロシア)
・個人ノーマルヒル 7位
・2018年平昌オリンピック (韓国)
・個人ノーマルヒル 9位
世界選手権
・2009年リベレツ大会 ( チェコ)
・個人ノーマルヒル 17位
・2011年オスロ大会 ( ノルウェー)
・個人ノーマルヒル 15位
・2013年ヴァル・ディ・フィエンメ大会 (イタリア)
・個人ノーマルヒル 20位
・2015年ファールン大会 ( スウェーデン)
・個人ノーマルヒル 2位
・2017年ラハティ大会 ( フィンランド)
・個人ノーマルヒル 2位
・2019年ゼーフェルト大会 ( オーストリア)
・個人ノーマルヒル 15位
・2021年オーベルストドルフ大会 (ドイツ)
・個人ノーマルヒル 11位
・個人ラージヒル 13位

伊藤有希はかわいいと評判で人柄もいい?

伊藤有希さんは、愛嬌があってとても可愛らしいと評判です。

さらに性格もいいと言われていますがその理由は何か、エピソードがあるのか調べてみました。

伊藤有希選手は負けず嫌いで、いい意味で高梨沙羅選手に対するライバル意識が強いようです。

そして非常に真面目な性格をおり、地道な練習でも嫌がること無く、コツコツと続けることができるタイプだそうです。

地元での評判もかなりいいようで、競技者としても人間としても一流だと言われており、後輩たちからも慕われているようです。

伊藤選手は競技者として素晴らしい成績を残しても、後輩に対しては気さくに声をかけるなど、人を惹きつける魅力があるようです。

ライバルである高梨沙羅選手との関係も良好なようです。

平昌オリンピックでは、高梨沙羅選手はメダルを獲得し、伊藤選手は残念な結果となりましたが、伊藤選手がメダルを獲得した高梨選手に駆け寄り、おめでとうと声をかけた姿はとても素敵でした。

伊藤有希選手も高梨沙羅選手も人格的に素晴らしく、お互いに切磋琢磨しながらいい関係を築けているようです。

伊藤選手は常に礼儀正しく、みんなに愛されているキャラであることは間違いないようです。

何事にも奢ることなく、謙虚さがあり、そして周りへの気遣いと感謝の気持ちをいつも忘れないようです。

伊藤有希選手の真面目な努力家という性格が、周りからはとても人格者と思われているようです。

関連記事はコチラ

伊藤有希(ジャンプ)弟は伊藤将充で父親や母もスキー選手?家族構成を調査!

小林諭果(小林陵侑の姉)年齢や顔画像は?可愛いと評判で彼氏は誰かを調査!

勢藤優花の目指していた職業は看護師?父はスキー選手で母や家族構成は?

【2022最新】髙梨沙羅の顔変わりすぎ?鼻先と目が違うのは整形か画像比較!

伊藤有希の出身高校やスキーの成績まとめ

今回は、スキージャンプの伊藤有希選手の出身高校やスキーの成績、かわいいと評判で人柄も調査しました。

伊藤有希選手の出身高校は、北海道下川商業高等学校で、スキー部の部活動は、全国レベルであり、多くの日本代表選手を輩出しているところです。

高校時代は、国際試合で初優勝をあげ、世界選手権の混合団体にも金メダルを獲得するなど素晴らしい成績を収めています。

そして社会人となってからも、安定した成績を残し、表彰台にも登っています。

また、常に礼儀正しいことで地元の評判も良く、後輩にも慕われているようです。

北京五輪ももうすぐ始まります。

今までの練習の成果を出し切り、本番では是非メダルを取ってもらいたいですね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる