泉田裕彦議員に裏金要求した自民党関係者は誰?名前や顔画像を調査!

自民党の泉田裕彦衆院議員が、自身の公式ツイッターで「2~3千万円の裏金要求をされました」と告発し、裏金要求を行ったのは自民党関係者だと明かしました。

そこで今回は、泉田裕彦議員に裏金要求した自民党関係者は誰なのか、名前や顔画像を調査しました。

目次

泉田裕彦の裏金要求に関する記事

裏金要求の概要

10月31日に投開票が行われた衆議院議員選挙について、自身の公式ツイッターで「2~3千万円の裏金要求をされました」などと〝告発〟した自民党の泉田裕彦衆院議員が、12月1日に都内で会見を行うことが30日、分かった。

また、事務所関係者は同日、裏金要求を行ったのは自民党関係者だと明かした。

引用元:よろず~

泉田裕彦の裏金要求に関する概要は、先の10月31日に行われた衆議院議員選挙で、自民党の泉田裕彦氏が2~3千万円の裏金を要求されたことを、自身のツイッターで明かし、『払わなければ選挙に落ちるぞ』という文脈だったという。

その後、自民党新潟県連の高鳥修一会長に対応を求めたことを明かしましたが、その対応が次のようだったため、県連の対応に疑問を呈しているようです。

「相談するので証拠はあるのか聞かれ、YESと回答しました。しかし、返事は、『県連としては一切関わらないという結論になりました。』とのことでした。???」

引用元:よろず~

確かにこのやり取りは、話が噛みあっていませんよね~

「証拠はあるかと聞かれて、あると言ったら、県連では一切関わらない」

どういうことなのでしょうか。

証拠があると、まずいというふうにも取れますね!

泉田議員の???のマークもわかりますね。

県連はどちらの味方なのでしょう、対応する気があるのでしょうか!

裏金要求した自民党関係者は誰?名前や顔画像は

泉田裕彦議員に裏金要求した自民党関係者は、誰なのでしょうか。

現在までに分かっていることは次のとおりです。

  • 今回の衆議院総選挙で2~3千万円の裏金を要求された。
  • 払わなければ選挙に落ちるという文脈。
  • 自民党新潟県連の高鳥修一会長に対応を求めたが、県連は一切関わらないという回答。
  • 裏金要求者は、自民党関係者である。
  • 発端は4年前に、「Kという人物を採用しないと、選挙に落ちる」と裏金要求した人の秘書から脅された。

今回の衆議院総選挙で新潟5区に出馬したのは、泉田裕彦氏と前新潟県知事の米山隆一氏、前長岡市長の森民夫氏でした。

結果は、選挙区では米山氏が当選し、泉田氏は比例で復活当選していました。

泉田裕彦は証拠の音声を持っている!?

泉田氏は、県連の高鳥修一会長に対応を求めた際に、証拠があると話していますので、音声などの何らかの証拠を持っていると考えられます。

泉田氏は、12月1日に会見を開き説明すると話しています。

詳しい状況は12月1日を待ってからになりますね!

公選法違反の可能性は?

今回の泉田裕彦議員に対する裏金要求に関しては、公選法違反の可能性もあり、泉田議員のツイッターはあっという間に拡散しています。

「誰に不正なカネを要求されたのか」「ツイッターに書き込むのではなく、警察に情報提供するべきだ」という声が飛び交う事態となっています。

現職の国会議員である泉田議員の告発は、今後買収事件につながる可能性もあり、新潟県警や検察も注目しているのは間違いないという。

民主主義の根幹を揺るがす問題ですから、しっかりと調査をしてもらいたいですね!!

みんなの声は

会社員B

これは泉田議員だけではないと思う。
こういう事が慣例になっているとしたら、問題として取り上げるべきです。

女性B

秘書がいるという事は、確率的に現職の自民党県連所属の国会議員、若しくは県議会議員、市議会議員である可能性が高いですね!

若者C

自民党は金にかかわる問題が多いですね。裏金を払わなければ選挙で落ちるとまで言われると困惑してしまうよな。

女性A

裏金要求に応じなかったから保守分裂選挙になったのでしょうか?
泉田議員と自民党県連はこの際徹底的に説明責任を尽くすべきだと思います。

泉田裕彦議員に裏金要求した自民党関係者まとめ

今回は、泉田裕彦議員に裏金要求した自民党関係者は誰なのか、名前や顔画像を調査しました。

自民党の泉田裕彦氏が2~3千万円の裏金を要求され 、要求に従わなければ選挙に落ちるという、脅迫ですよね。

泉田議員が相談した県連会長からも、県連は一切関わらないという回答が出たようですが、証拠が有ることを確認してから、関わらないというのも、つじつまが合わない話ですね!

12月1日に泉田議員は説明すると話しており、証拠もあるということから徹底的に調べて欲しいですね。

その時は、名前や顔も明らかになるでしょう。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる