小室圭の司法試験不合格で新居移転の可能性は?ニューヨークの警備費はどうなる?

小室圭さんは、司法試験の結果が不合格となったことで、年収が当初予定の3分に1になるという。

今後ニューヨークの警備費用や、家賃80万円と言われる新居の費用が気になりますね。

そこで今回は、小室圭さんの司法試験不合格で、新居移転の可能性や、ニューヨークの警備費はどうなるかについて見ていきたいと思います。

目次

小室圭・小室眞子のニューヨークの新居とは

小室圭さんは、半年ほど前からニューヨーク市のマンハッタン島に絞って、眞子さんと生活するための部屋を探していたそうです。

アッパーウエストサイドの高級アパートメントであり、小室さんが帰国後に、物件の詳細を説明し、眞子さんが了承していたようです。

アッパーウエストサイドは、マンハッタン島の西側にある高級住宅街であり、小室さんは新居探しにかなりの日数を要したという。

間取りは、ツーベッドルームであり、2つのベッドルームにはそれぞれバスルームがついているそうです。

さらに、大きなリビングルームとキッチンがついており、広さは約100平方メートルだという。

そして、アパートメント内には居住者専用のジムもあるそうです。

まさに至れり尽くせりの豪華な住まいですね~

気になる家賃の方は、月80万円だという。

家賃だけで年間1000万円かかるなんて、一般家庭が郊外に家を建てれば2~3年で建ってしまう金額ですね~

小室圭の司法試験不合格で新居移転の可能性は

さて、問題はこの新居に住む予定ではありますが、当初は小室圭さんが弁護士試験は確実に受かる前提で、契約したようです。

弁護士試験に合格し、現在の事務所で弁護士として勤務した場合、年収は2000万円を超えるようです。

そしてさらに、妻の眞子さんはメトロポリタン美術館に内定しているとも言われています。

メトロポリタン美術館といえば、世界三大美術館の1つで、学芸員の年収は1500万円だそうです。

夫婦合わせると約3500万円ですね~

「捕らぬ狸の皮算用」になってしまうのでしょうか。

小室圭さんの現在の肩書は、法務助手ですので年収は600万円だそうです。

通常であれば住むことはできませんが、当分は眞子さんの方に頼ることになるのですが、眞子さんも就労ビザがどうなるか不明の状況ですので、どうするのでしょうかね?

噂では、眞子さんが日本で蓄えた金額とか、何かのパワーとかになります。

または、合格するまでの生活のグレードを落とし、眞子さんのサポートで質素に暮らすということです。

その場合は、月80万円の新居も別のところで、グレードを下げる可能性も無きにしも非ず。

しかし、そうなると警備費用はどうするの?ということですよね!

小室圭・眞子のニューヨークの警備費用はどうなる

小室圭さんが、眞子さんとフィアンセになった2017年当時は、警備関係として自宅前にポリスボックス、制服警官が常時2名で24時間体制を取り、その他の雑費を合わせると、毎月700万円がかかったという。

この金額が、そのままニューヨークの警備費用に当てはまるかわかりませんが、仮にこの金額だとすれば年額は8400万円になります。

日本と比べるとアメリカの方が治安は悪いと考えられますから、費用はこれ以上かかるかもしれませんね。

今までは、「眞子さま」という皇族がおりましたから、税金で対応できたようですが、これからはそうはいきませんね!

国民のわからないところで、何かの力が働くのでしょうか。

NEWSポストセブンの記事には、次のようなことが書かれていました。

「お二人の身の安全を考えれば、結婚後も警備がつくのは当然のこと。しかし、結婚後はニューヨークで生活を送る予定となっており、日本警察の管轄外のため十分な警備ができません。アメリカの警察に警備を依頼するということも考えられますが、その場合、費用は高額となります。

 眞子さまは結婚一時金を辞退されるなど、ご自身にまつわるお金についてとても気を遣っていらっしゃいます。警備に多額のお金がかかることになれば、一時金と同様に警備についても辞退される可能性は十分考えられるでしょう」

引用元:NEWSポストセブン

眞子さんは警備に多額のお金がかかることになれば、一時金と同様に警備についても辞退する可能性があるという。

本人はいいかもしれませんが、周りがそんなことはさせませんよね!

非常に危険な状況になりますからね!

小室圭の新居移転の可能性まとめ

今回は、小室圭さんの司法試験不合格で、新居移転の可能性や、ニューヨークの警備費はどうなるかについて見てきました。

小室圭さんと妻の眞子さんがこれから住む、ニューヨークの新居とは、 アッパーウエストサイドという、マンハッタン島の西側にある高級住宅街です。

家賃は月80万円という高級な住まいですね~

しかし、当初予定の収入は、弁護士試験に不合格のため、得ることができません。

半分どころか、3分の1になるようですね。

新居移転の可能性については、今のところは眞子さんの蓄えなどに頼るようですが、生活のグレードを落とすことは避けられないでしょうね。

本来ならば、住居ももっと安いところを選ぶべきでしょうけれど、警備の問題が出てきてしまいますね

そして、その警備費用も日本と同様にするのであれば、莫大が金額がかかります。

結局は、ロイヤルパワーによって守られるのでしょうか。

しかし、一般人への公費流用は憲法違反ですよね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる