茂木敏充の嫁や子供などの顔画像や家族構成は?実家の父親の職業は何?

衆議院選挙も当落が確定し、新たな衆議院議員が決定しましたね。

自民党では、甘利幹事長に代わり、茂木敏充氏の幹事長就任が予定されているようです。

そこで今回は、茂木敏充氏の嫁や子供などの家族構成や、実家の父親の職業などを見ていきたいと思います。

目次

茂木敏充のプロフィール

名前・読み方茂木敏充(もてぎ としみつ)
生年月日1955年10月7日
年齢66歳
出身地栃木県足利市
出身高校栃木県立足利高等学校
出身大学東京大学経済学部
職業衆議院議員・自民党幹事長

茂木敏充氏は、自由民主党所属の衆議院議員として、エリートで政策通という評判があります。

霞が関の複数の官庁幹部によると、茂木氏は「最も怖い政治家の一人。わずかなミスも許されない」と打ち明けるほどの人物のようです。

茂木氏の経歴を簡単に見ていきましょう。

茂木敏充の主な経歴

茂木敏充氏は、栃木県足利市の出身で66歳

栃木県立足利高等学校から東京大学経済学部を卒業後、丸紅、読売新聞社に勤務しています。

その後、ハーバード大学ケネディ行政大学院に留学し、公共政策を学び、行政学修士を取得しています。

帰国して、マッキンゼー・アンド・カンパニー社に入社します。

1993年に、第40回衆議院議員総選挙に日本新党から出馬し、旧栃木2区でトップ当選し、政界入りを果たします。

内閣府特命担当大臣や経済再生担当大臣、そして第2次安倍内閣においては、経済産業大臣、内閣府特命担当大臣などを務めました。

小泉内閣では、内閣府特命担当大臣や情報通信技術(IT)担当大臣を歴任します。

その他、自民党政調会長、自民党日本経済再生本部長、自民党選挙対策委員長等を歴任しています。

そして今回は、自民党幹事長に内定しています。

すべたが輝かしい経歴の持ち主ですね!

茂木敏充の実家や家族構成は

茂木敏充氏の実家は、栃木県足利市です。

家族構成は、妻と息子さんがいるようです。

奥さんについては、外務省の視察でベトナムなどに同行されているようです。

息子さんについては、サッカー好きであり、海外留学やアメリカ在住などの情報があります。

また、茂木敏充氏の父親につきましては、あまり情報がありませんでした。

今後新たな情報がありましたら、追記していきたいと思います。

茂木敏充の妻や子供は

嫁の名前や顔画像

しかし、茂木議員の奥さんについては、名前を「栄美」さんといい、とても美人ですね!

年齢については公表されていませんが、推定では50代ではないかと思われます。

こちらが茂木敏充氏が外務大臣としてベトナム、タイ及びフィリピンに訪問された時の様子です。

また、外務省のホームページでは、ベトナム・タイ・フィリピンでの視察や懇談の様子が報告されています。

外務省の記事はコチラ

茂木氏の奥さんについては、落ち着いた趣で、とても清楚な感じがしますね!

とても若々しいですね!

息子の年齢や顔画像

茂木敏充氏には息子さんがいらっしゃるようです。

年齢や顔画像については、公表されていませんが、過去の発言内容から推測すると、年齢は10代後半から20代前半ではないかと思われます。

  • 2008年の発言:「家族サービスとして息子とキャッチボールする時間をつくりたい」
  • 2017年の発言:「息子はサッカーをしている」
  • 2018年の発言:「息子は海外留学でアメリカ在住」

茂木敏充氏は、とても子煩悩なお父さんのようですね!

常に息子さんのことを意識していますね~

茂木敏充の父親の職業は

茂木敏充氏が、有能な政治家であることから、父親や祖父についても政治家か、あるいは政治と関係している何かがあるのではと調べて見ました。

その結果、茂木氏の父親や祖父については、職業は不明でしたが、政治に関する職業ではなかったようです。

もともと茂木議員は、旧栃木2区の日本新党から出馬してトップ当選を果たしていますが、その後は自民党に移っています。

このことからも、世襲議員ではないことがわかりますね!

茂木敏充の嫁や子供・家族構成まとめ

今回は、茂木敏充氏の嫁や子供などの家族構成や、実家の父親の職業などを見てきました。

茂木敏充氏は、栃木県足利市生まれの66歳

栃木県立足利高等学校から東京大学経済学部を経て、丸紅、読売新聞社に勤務していました。

1993年に、衆議院議員総選挙に日本新党から出馬し、旧栃木2区でトップ当選し、政界入りを果たします。

奥さんは「栄美」さんと言い、とても美人で素敵な方です。

お子さんは息子さんがおり、サッカー好きで留学経験があり、アメリカ在住などの情報があります。

茂木敏充氏は、奥さんを大事にして、子供を愛する素敵なお父さんのようです。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる