【炎上】ねこくんの刑期は懲役何年?大麻所持で逮捕の理由や再犯の可能性を調査!

YouTubeチャンネル「ねこくん!」を運営していた西川雄大さんが、大麻取締法違反で逮捕されたことが報じられました。

そこで今回は、ねこくんの刑期は懲役何年になるか、大麻所持で逮捕の理由や再犯の可能性を調査しました。

目次

ねこくんが大麻所持容疑で逮捕!

https://twitter.com/kodakku_fn/status/1514114427787759620

人気ゲーム実況者「ねこくん!」が大麻所持容疑で逮捕されました。

ねこくんと言えば、主に『Fortnite』のゲーム実況で人気を集めていた西川雄大さんことねこくん!です。

登録者数が90万人にも及ぶ人気のゲーム実況者だけに、大麻所持容疑で逮捕とはショックを受けている人も多いですね。

事件の発端となったのは3月11日のことです。

ねこくんこと、西川容疑者の友人が、酒に酔って警察に保護され、警察が持っていたかばんを調べたところ、中から合計およそ1.2gのコカインが見つかったそうです。

そのかばんは西川容疑者のもので、たまたまこの友人が預かっていたようです。

その後、西川容疑者は警察署で聴取を受け、コカイン所持について認め、さらにその際、所持品検査でおよそ0.5gの大麻所持も発覚したそうです。

西川容疑者は、コカインの所持についてはすでに起訴されていて、今回、大麻所持の疑いでも逮捕されました。

警察の調べに対し、西川容疑者は容疑を認め、大麻を吸った理由を「19歳で上京し、かっこつけたくて好奇心で大麻を吸った」と話しているそうです。

興味本位で吸ってしまったようですが、犯罪であることを認識していなかったのでしょうか。

ねこくんの刑期は懲役何年になる?

コカインの所持・大麻吸引のねこくんの刑期は、懲役何年になるのでしょうか。

大麻を、免許等なく所持・譲受・譲渡をした場合の刑罰は、5年以下の懲役です(大麻取締法24条の2第1項)。

所持とは、携帯している場合だけでなく、車や家で保管している場合等、自分の支配下にある状態のことを言います。

引用元:刑事事件弁護士アトム

一般的には、大麻を、免許等なく所持・譲受・譲渡をした場合の刑罰は、5年以下の懲役のようですね。

また、大麻の初犯の場合は、常習性がないとして、懲役刑が軽くなる可能性は高いようです。

しかし、大麻の量や形状、個人使用目的か営利目的かによっても、厳しい判断が下される可能性はあるようです。

最近の芸能人の例としては、俳優の伊勢谷友介さんの場合は、次の通りです。

  • 2020年9月8日:大麻取締法違反容疑で逮捕
  • 2020年12月22日:東京地裁で懲役1年、執行猶予3年(求刑懲役1年)の判決

伊勢谷さんは、大麻13.17グラムを自宅に所持していたとして、逮捕・起訴され、初公判で起訴内容を認めていました。

裁判官は、「多量の大麻を所持し、使用歴も考慮すると大麻との関りは深い」として、懲役1年執行猶予3年を言い渡しています。

今回逮捕されたねこくんは、乾燥大麻0.5グラムを所持したと報道されています。

伊勢谷友介さんの事例からみると、ねこくんの懲役は1年~1年半ぐらいになるかもしれませんね。

大麻事件で再犯の可能性はある?

大麻事件で再犯の可能性はあるのでしょうか。

薬物犯罪として、大麻の再犯率はどのくらいあるのでしょうか。

令和2年版犯罪白書によれば、大麻事件で起訴された人のうち28.5%が前科がある人でした。

もっとも、犯罪白書の中の「前科がある」という内容には大麻事件以外の前科も含みますので、28.5%の全てが大麻の再犯とは言い切れませんが、大麻での再犯者は一定数いるということがうかがえるでしょう。

引用元:刑事事件弁護士アトム

大麻は依存性がある薬物なので、大麻をやめられずに再犯をしてしまう者も一定数はいるようです。

令和2年版犯罪白書によれば、大麻事件で起訴された人のうち28.5%が前科がある人だったことから、約3割の人が再犯を犯してしまうわけです。

そして、大麻事件において再犯で発覚した場合には、実刑判決を受ける可能性が高くなるようです。

ねのくんについても、再犯とならないよう、更生してもらいたいですね!

ねこくんの刑期は懲役何年まとめ

今回は、ねこくんの刑期は懲役何年になるか、大麻所持で逮捕の理由や再犯の可能性を調査しました。

人気ゲーム実況者「ねこくん!」が大麻所持容疑で逮捕されました。

ショックを受けたファンも多かったことでしょう。

ねこくんの刑期については、芸能人の事例から見ると、懲役1年~1年半になるかもしれませんね。

薬物事件の再犯率は約3割と言われており、今後は更生して出直してもらいたいですね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる