奥野善彦弁護士の経歴や顔画像・年齢は?秋篠宮様や小室圭氏との関係を調査!

奥野善彦弁護士は、小室圭氏のニューヨーク留学をはじめ、多くの支援をされてきたようです。

奥野善彦弁護士は、どのような経歴の持ち主なのか気になりますね。

そこで今回は、奥野善彦弁護士の経歴や顔画像・年齢、そして秋篠宮様や小室圭氏との関係を調査しました。

目次

奥野善彦弁護士のプロフィール

年齢や出身地は

名前:奥野善彦(おくのよしひこ)

生年月日:1936年4月20日

年齢:85歳

出身地:東京都千代田区

出身大学:中央大学法学部

奥野善彦氏は、東京都千代田区生まれで、85歳になられます。

奥野善彦弁護士の学歴(出身高校・大学)と経歴

高校時代はテニスや登山も楽しむ

奥野善彦氏の出身高校は、学校法人石川高等学校です。

奥野氏は、勉強だけでなく、テニスや登山も楽しむなど、高校生活を謳歌していたそうです。

高校生の時には、読書がますます面白くなり、小説家を目指そうかと心が大揺れした時期もあったという。

東大合格が叶わず中央大学へ

奥野善彦氏の出身大学は、中央大学法学部です。

奥野氏は東大を目指していたそうですが、数学が苦手だったそうで東大には合格できず、浪人して中央大学法学部に入学したそうです。

いかんせん私は数学が苦手。懸命に勉強したけれど、やはり数学の壁は超えられず、結局、東大には合格できませんでした。

引用元:Attorney’sMAGAZINE

司法試験合格は26歳

司法試験に合格したのは5度目に挑戦した時。26歳だった。自立するためにシェル石油(当時)に入社し、受験勉強を続けている。

引用元:Attorney’sMAGAZINE

奥野氏は、シェル石油で働く傍ら、司法試験に向けて準備を整えていたそうです。

そして、企業に勤めながら、司法試験に合格し、父親の事務所を引き継いだそうです。

整理回収機構(RCC)の社長に

奥野善彦弁護士は、日弁連の推薦を受け、2004年から5年間、整理回収機構(RCC)の社長職に就き、債権回収と企業再生に努めたそうです。

また、弁護士になってからずっと続けている棚倉町での無料法律相談も、50年近くにもなるという。

北里大学では教授(現名誉教授)として、長年、法学教育にも携わっているそうです。

奥野善彦弁護士の経歴まとめ

1936年4月20日 東京都千代田区生まれ
1960年3月/中央大学法学部法律学科卒業
1962年12月/シェル石油株式会社(現昭和シェル石油)入社
1963年10月/司法試験合格
1966年10月/司法修習修了
弁護士登録(東京弁護士会・18期)
奧野彦六法律事務所入所
1979年年4月/北里大学教授に就任(現名誉教授)
1979年年4月/奧野法律事務所に改称
1996年10月/奧野総合法律事務所に改称
2004年4月/株式会社整理回収機構 代表取締役社長(~2009年)
2012年1月/福島県県外在住 功労者知事表彰を受ける
2014年1月/奧野総合法律事務所・外国法共同事業に改称

引用元:Attorney’sMAGAZINE

奥野善彦弁護士と秋篠宮様や小室圭氏との関係は?

奥野善彦弁護士は、2011年に「公益財団法人世界自然保護基金ジャパン」の監事を務めていました。

そしてこの団体、WWFジャパンの名誉総裁は、秋篠宮様でした。

どのようなお付き合いかは、わかりませんが、このような繋がりがあったわけですね!

また、ネットでは次のような投稿もありました。

奥野善彦氏と秋篠宮さまは、プライベートで飲みに行かれるほど懇意にされているのですね!

奥野善彦弁護士の経歴まとめ

今回は、奥野善彦弁護士の経歴や顔画像・年齢、そして秋篠宮様や小室圭氏との関係を調査しました。

奥野善彦氏は、東京都千代田区生まれの85歳。

学校法人石川高等学校から中央大学を経て、シェル石油株式会社に勤務しながら、司法試験に合格します。

その後、北里大学教授(現名誉教授)などの要職にも就いています。

福島県からは、功労者知事表彰を受けるなど、地域にも貢献されています。

秋篠宮様との関係については、プライベートで飲みに行かれるほど懇意にされているなどの情報がありますね。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる