【炎上】サイゼで喜ぶ彼女が女性蔑視の理由は?SNS投稿イラストがコチラ!

「サイゼで喜ぶ彼女」のSNS投稿イラストが「女性蔑視」と炎上しています。とてもいい光景を想像しますが、いったいどういうことでしょうか。

そこで今回は、「サイゼで喜ぶ彼女」の女性蔑視の理由は何か、炎上しているSNS投稿イラストを調査しました。

目次

サイゼで喜ぶ彼女の炎上とは?

「サイゼで喜ぶ彼女」と「炎上」という言葉がどういうふうに結びつくのか不思議ですよね。

サイゼとは、もちろんイタリアンファミリーレストラン『サイゼリヤ』のことです。

事の発端は、女性キャラクターのデザインを得意とする、あるイラストレーターが自身のツイッターにイラストを投稿したところ、男性目線で「彼女」を描いたもので、そのイラストに対して女性蔑視であると炎上したようです。

サイゼで喜ぶ彼女のSNS投稿イラスト

https://twitter.com/sbr_RAB/status/1493240301636358144

明るくにこやかに、美味しそうにサイゼの料理を食べているのですが、炎上するほどの理由は何なのでしょうか。

ツイッターでは、「サイゼで喜ぶ彼女」の性別や言い回しについて反応がありましたが、炎上するような問題ではないと感じますが、理由をもう少し掘り下げていきたいと思います。

サイゼで喜ぶ彼女が女性蔑視の理由は?

「サイゼで喜ぶ彼女」のイラストが女性蔑視だと言われる理由について、大きくは2つあるという。

その一つは、次のようです。

イラストに描かれた女性の胸が大きく、着ている服装は胸元がざっくりと開いたセーターに同じくざっくり開いたタンクトップらしいインナー。

すなわち胸が大きいことを強調するようなデザインだったこと。これが、いかにも“男性が求める、押しつけた理想像”と受け取ったような意見。

引用元:週刊女性PRIME

要するに、胸が大きいことを強調するようなデザインだったことがその一つのようですね。

下記のようなことが女性蔑視の理由です。

  • 胸の描写が一番ムリ
  • 薄手の服なのに黒のインナーがガッツリ見えている
  • なんで谷間出る服をチョイスしたのかな
  • 男の理想を詰めましたと言う感じ

では、もう一つの理由は何でしょうか。

もう1つの理由として、“デートを安いサイゼで済ませるなんて”という視点から、女性を安く見ていると考える人がいたこと。

引用元:週刊女性PRIME

クリスマスシーズンを例にすると、特定ブランドに対して、「○○なんてありえない」という声から、比較的安価なものをプレゼントされることで、低く見られているという感情があるようです。

その意見がコチラです。

  • デートだって彼氏にサイゼ連れてかれたら確実に殴る
  • 「サイゼで喜ぶ彼女」ではなく「サイゼとか安い店でも文句言わない従順な彼女」といってるみたい
  • 目の前にサイゼでニコニコする巨乳の若い彼女を見て、彼氏は釣り合うほどの何を持ってる

あくまでも少数意見だそうですが、偏見のようにも考えられますね!

一般的には、好意的に受け止める女性は多いようです。

SNS上では、“女性であること”“女性としての価値”を、何らかの値段に置き換えられるような行為や描写に対し、非常にセンシティブに反応する人は一定数おり、かつ年々増えているように見えます。

引用元:週刊女性PRIME

年々増えているというところが、微妙ですね。

みんなの声は

会社員B

サイゼリヤに限らず、二人でデートするならファミレスじゃなくて公園のベンチでも良いって人もいれば、ちょっとお洒落なレストランが良いって人もいるから、人それぞれ。

女性B

結局はTPOではないでしょうか?
学生の初デートと社会人の初デートは違いますし。
相手を思いやって大切にできるかどうかだと思います。

若者B

サイゼでいいけどな。何求めてデートしてんの?デートってその人と居るのが楽しかったりすることが重要なんじゃないの?

女性A

元々がどんなお話なのか知りませんが本人達が楽しいなら良いのでは?サイゼデートがあり得ないと考える人は行かなければ良いし。

サイゼで喜ぶ彼女が女性蔑視まとめ

今回は、「サイゼで喜ぶ彼女」の女性蔑視の理由は何か、炎上しているSNS投稿イラストを調査しました。

「サイゼで喜ぶ彼女」の女性蔑視の理由は、胸が大きいことを強調するようなデザインだったことや、サイゼリアが安価なことから「低く見られている」という感情のようですね。

一緒に食事をする彼女との関係性もありますし、TPOの問題だという声が多いようです。

イラスト自体は誰にも迷惑はかけていないようですが、一定数の方は反応するようですね。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる