杉本和巳の出身高校や大学・経歴は?衆院議員の所属政党の移り変わりも調査!

先の衆議院選挙では大躍進した日本維新の会ですが、それぞれの政治理念や活動など、いろいろな人たちがいますね。

そこで今回は、日本維新の代議士会会長を務める杉本和巳氏にスポットを当てていきたいと思います。

杉本和巳氏の出身高校や大学・経歴、衆院議員としての所属政党の移り変わりも調査しました。

目次

杉本和巳のプロフィール

https://twitter.com/je_20150919/status/1465202416937177091
名前・読み方杉本和巳(すぎもと かずみ)
生年月日1960年9月17日
年齢61歳
出身地東京都文京区
前職日本興業銀行従業員
当選回数4回

杉本和巳氏は、東京都文京区生まれの61歳

前職は、日本興業銀行に勤務しており、2021年11月現在、当選回数4回の衆議院議員です。

杉本和巳氏は、父の杉本秀雄氏と母の貴美子さんの次男として生まれました。

杉本氏のプロフィールによると、自分の名前の漢字を間違えて思い込んでいたようです。

恥ずかしながら、就職まで、「和己」と思い込んでいて、己の回りに和を作るのが使命と感じていましたが、戸籍謄本を取り寄せて、「和巳」を再認識して、「以和為貴(※)」を「へびの如く粘り強く和をつくる」が使命と進化しました。

引用元:杉本和巳オフィシャルサイト

でも、自身の名前を再認識したら、前向きに使命をとらえるところは素晴らしいですね!

小学校6年生の時には、『政治家になってスイスのような永世中立の平和な国をつくりたい』と卒業文集に書いたそうです。

小学校3年生の時に、衆議院議員総選挙があり、母に「70代の二人には入れないで、若い人に入れて」と頼んだそうです。

子供の頃から高齢議員ではなく、若い人に政治をやってもらいたいという気持ちがあったのですね!

中学は、東京の私立早稲田大学に連なる早実に入学したそうです。

杉本和巳の出身高校や大学は

出身高校

杉本和巳氏の出身高校は、杉本氏のオフィシャルサイトを見ると、「中学は、東京の私立早稲田大学に連なる早実に入学した。」と記されていましたので、早稲田実業学校です。

早稲田実業学校は、中学校から高校・大学までの一貫教育校で、偏差値も「76」という、優秀な学校です。

また、同校出身の有名人には、野球の王貞治さんやタレントのテリー伊藤さんをはじめ、多くの著名人・有名人がおります。

出身大学は

杉本和巳氏の出身大学は、 早稲田大学政治経済学部経済学科です。

偏差値:70

偏差値が70という、難しい学部ですね!

大学院はオックスフォード

杉本和巳氏は、早稲田大学を卒業後、日本興業銀行(現・みずほ銀行)に入行しています。

その後、1991年にオックスフォード大学大学院、1992年にハーバード大学ケネディスクール修士課程を修了しています。

杉本和巳の経歴

杉本和巳氏の大学卒業後の主な経歴をご紹介します。

日本興業銀行(現・みずほ銀行)に入行し、大学院等を終了した後は、1993年から新日本証券(現みずほ証券)に、1997年から電源開発に出向しています。

そして、1999年に日本興業銀行に復帰しました。

あわせて2001年まで札幌大学で非常勤講師を務めていました。

2009年:第45回衆議院議員総選挙の愛知10区から民主党として出馬し、初当選を果たします。

2012年:第46回衆議院議員総選挙で比例東海ブロックで復活当選を果たす。

2014年:第47回衆議院議員総選挙で愛知10区に無所属で出馬しましたが、落選

2017年:第48回衆議院議員総選挙は、比例東海ブロックで3選を果たす。

2021年:第49回衆議院議員総選挙では、小選挙区で次点となり、比例復活で4選を果たす。

杉本和巳の所属政党の推移

杉本和巳氏の所属政党の推移について、見ていきたいと思います。

2005年:民主党の全国公募に応募し、辞職した佐藤観樹氏の後継として、愛知県第10区総支部長に就任する。

2012年:民主党に離党届を提出したが、民主党は常任幹事会を開き、離党届を受理せず除籍処分を決定する。

2012年:みんなの党に入党し、第46回衆議院議員総選挙では、みんなの党公認として出馬し、比例東海ブロックで復活当選する。

2014年:みんなの党に離党届を提出し、第47回衆議院議員総選挙で無所属で出馬するも落選する。

2016年:日本維新の会愛知県総支部代表代行に就任する。

現在の役職

  • 日本維新の会代議士会会長
  • 日本維新の会愛知・静岡・三重総支部代表

主な役職歴

  • 政務調査会筆頭副会長
  • 国会対策委員会副委員長
  • 外務委員会理事
  • 沖縄北方問題特別委員会理事
  • 裁判官弾劾裁判所裁判員

杉本和巳の出身高校や大学・経歴まとめ

今回は、杉本和巳氏の出身高校や大学・経歴、衆院議員としての所属政党の移り変わりを調査しました。

杉本和巳氏は、1960年東京都文京区の生まれで61歳

早稲田実業学校から早稲田大学を経て、日本興業銀行(現・みずほ銀行)に入行します。

オックスフォード大学大学院やハーバード大学ケネディスクール修士課程を修了した後、新日本証券・電源開発に出向しています。

2009年の第45回衆議院議員総選挙で初当選し、以降4選を果たしています。

その間、民主党からみんなの党を経て、現在は日本維新の会代議士会会長という役職にあります。

杉本和巳氏は、小学校6年生で、『政治家になってスイスのような永世中立の平和な国をつくりたい』と卒業文集に書いています。

ぜひ、子供の頃の思いを続けてもらいたいですね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる