高木美帆はサッカーも超一流だった?所属チームはどこで出身高校や大学も調査!

スピードスケートの高木美帆選手は、北京五輪への出場も決まり、2大会連続となりましたね。

高木美帆選手は、スケートも凄いですが、サッカーも一流だったと言われています。

そこで今回は、高木美帆選手はサッカーも超一流だったのか、所属チームはどこで出身高校や大学も調査しました。

目次

高木美帆のプロフィール

名前:高木美帆(たかぎ みほ)

生年月日:1994年5月22日

年齢:27歳

出身地:北海道中川郡幕別町

身長:164㎝

体重:58kg

高木美帆さんは、北海道中川郡幕別町生まれの27歳です。

高木さんがスケートを始めるきっかけは、高木さんの兄が先にスケートを始めており、その送迎に親と一緒に行ったことから、やりたくなったそうです。

5歳でスケートを始めましたが、同時に水泳も習っていたそうです。

高木美帆さんは、小学生時代から運動神経は抜群で、陸上の記録も持っており、今でも破られていない記録だそうです。

さらにおスピードスケートでは、地域の大会で優勝するなど、同級生と比較するとずば抜けていたそうです。

高木美帆はサッカーも一流だった!

所属チームはどこ

高木美帆さんの出身中学校は、幕別町立札内中学校です。

中学時代は、2010年の3年生の時に、バックーバーオリンピックに出場しています。1000mは35位、1500mは23位と上位入賞とまではいきませんでしたが、日本のスピードスケート上、最年少で出場を果たしています。

高木さんは、スケートだけではなく、中学校のサッカー部に入るとともに「とかち帯広フットボールクラブ」に所属し、「フォワード」として活躍していました。

サッカーでは、北海道選抜として福島県にあるサッカーのナショナルトレーニングセンター「Jヴィレッジ」で各地域から選抜された15歳以下の女子の合宿である「ナショナルトレセン女子ーU15合宿」のも参加していました。

これでは体がいくつあっても足りませんね~

実際に、バンクーバーオリンピックに向けた練習の最中、サッカー部が道大会に出場する場面があったそうです。

もちろん高木さんは、オリンピックの強化合宿があったために、道大会を欠席しています。

少しでも時期がずれれば、両方出られたわけですから、残念だったでしょうね!

サッカーも北海道選抜の実力があるわけですから、スケートをやっていなければ、今頃はなでしこジャパンの一員だったかもしれませんね。

高木美帆の出身高校・大学

高校時代

高木美帆さんの出身高校は、帯広南商業高校です。

偏差値:55

帯広南商業高校は、北海道帯広市にある公立の共学校で、就職だけでなく進学にも優れた実績があり、進学先としては日本大学や札幌大学等が挙げます。

同校出身の主な有名人には、北京・ロンドン五輪代表の短距離走選手の福島千里さんや、高木美帆さんの姉の高木菜那さんをはじめ、多くの著名人や有名人がおります。

帯広南商業高校では、8科目ある商業検定1級を、3種類取得することを『3冠』と名付けて推奨しているそうです。

高木さんは、簿記検定1級と情報処理1級、それともう一つの3冠を達成しているのだそうです。

スポーツだけでなく、学業でも素晴らしい成績を収めているのですね!

高木美帆はダンスも凄かった!

スケートが凄くてサッカーでも一流という高木美帆さん。

そのうえ、ヒップホップダンスも凄かったという!

高木さんは、スケートを始めたと同時期に、ヒップホップダンスも習い始め、高校でも続けていたそうです。

高木美帆さんがヒップホップダンスを習い始めたきっかけは、姉の高木菜那さんが習い始めたことだそうです。

高校1年生の文化祭のときには、姉と友達を交えて、3人でヒップホップダンスを披露したそうです。

まさに青春真っ只中ですね~

できることは何でも挑戦していく姿が、カッコいいですね!

ダンス披露している動画はコチラです

地元での凱旋パレードにダンスも披露しているのですね!

子供たちも嬉しそうでしたね~

なお、高木美帆さんは、海外遠征が多かったために高校の卒業式には出席できませんでしたが、学校側の配慮で「一人だけの卒業式」が行われたそうです。

そこには多くの友人が駆けつけていたそうです。

これだけ素晴らしい成績を収め、有名になっても謙虚な気持ちを忘れないことで、多くの友達が集まってくれたのですね!

出身大学

高木美帆さんの出身大学は、日本体育大学 体育学部 体育学科です。

日本体育大学は、スポーツ推薦で入学したそうです。

大学1年生の時は、ソチオリンピック代表を決める国内選考会では、あまり成績が良くありませんでした。

その結果、オリンピックに出場することはできませんでした。

その時は、ガツガツしなくてもいいだろうくらいの気持ちだったそうです。

後に、ソチオリンピックで落選したことは、必要なことだったと振り返っています。

おそらく、落選したことで、さらに強い意志を持つことができたのではないでしょうか。

関連記事はコチラ

北京冬季オリンピック2022のスキー・スケート・スノボーの人気記事

髙⽊菜那の出身高校や所属はどこ?両親の職業や家族構成を調査!

小平奈緒の生い立ちや家族構成を調査!出身高校はスケート部が無いって本当?

羽生結弦の生い立ちや家族構成を調査!父親は校長で母の年齢や顔画像は?

森重航(スケート)高校や大学・家族構成を調査!両親(父母)の職業や兄弟は?

宇野昌磨の生い立ちや学歴・家族構成は?父親の職業はIT社長でお金持ち?

【2022最新】髙梨沙羅の顔変わりすぎ?鼻先と目が違うのは整形か画像比較!

冨田せなの脳挫傷は後遺症がある?スノーボードのきっかけや戦績を調査!

高木美帆はサッカーも超一流まとめ

今回は、高木美帆選手はサッカーも超一流だったのか、所属チームはどこで出身高校や大学も調査しました。

高木美帆さんは、北海道中川郡幕別町生まれの27歳です。

小さい頃からスポーツ万能で、スケートはもちろんのこと、水泳や陸上、サッカー、そしてヒップホップダンスなど、あらゆることをマスターし、数々の記録を塗り替え、素晴らしい成績を残しています。

特に、高木美帆さんが、サッカーが一流だったことはあまり知られていないかもしれませんね。

オリンピックの強化選手でありながら、サッカーの北海道選抜のメンバーに選ばれるという、いわば異種での二刀流選手、あるいはそれ以上ですね!

もうすぐ北京五輪が開催されますが、平常心で戦えば自ずと結果もついてくるのではないでしょうか。

ぜひ頑張ってもらいたいですね!!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる