丹所健の目の下の黒塗りは何?名称や効果・種類や値段を調査!

箱根駅伝に出場する、東京国際大学の丹所健選手が注目されていますね!

丹所選手は走るときに目の下に何か黒く塗っていますが、いったい何のためなのでしょう。

そこで今回は、丹所健選手の目の下の黒塗りは何なのか、名称や効果、そしてシールか塗るタイプかなどの種類や値段について調査しました。

目次

丹所健の目の下の黒塗りは何?

名称や効果は

丹所健さんが目の下に塗っている黒塗りの名称は、「アイブラック」といいます

アイブラックは、眩しさを減らすためにスポーツ選手が目の下に付ける黒い防眩・遮光グリースやステッカーのことです。

日本では、アイパッチと呼ばれることもあるそうですが、本来アイパッチ (eye patch) とは眼帯のことを言うようです。

一般的にスポーツをする場合は、太陽光線やスタジアムなどの照明下で行いますが、目の下で反射した光で両眼のコントラスト感覚が鈍り、背景に溶け込んで見えにくくなってしまします。

そこで反射を軽減するための効果があるようです。

どんな人が使うの

https://twitter.com/mirineinseoul/status/1407880184032763907

アイブラックを使用する人は、スタジアムなどでは野球選手によく見られますね。

特にデーゲームで行われる、昼間に試合に使われるようです。

韓国の選手のアイブラックは、ちょっと面白くて可愛いものもありますね~

他にもアメフトなど、太陽光によって目の下の反射を抑えるスポーツなどに使う人が多いですね。

こちらはアメフトの選手ですが、個性豊かなものが多いですね!

個人個人の特徴やPR効果もあるようです!

今回の場合は、駅伝選手である丹所健選手が使っていますが、駅伝選手でアイブラックを使用している人は、丹所選手が初めてではないかという声もあります。

やはり太陽光の反射により、走りづらくなることを押さえるために使用しているようです。

アイブラックの種類は

シールと塗るタイプ

「アイブラック」には、目の下に貼る「シールタイプ」と、目の下に黒色のグリースを塗りつける「スティックタイプ」の2種類があります。

アイブラックは、もともとアメリカで使われ始めたもので、起源は、フットボールの選手が「炭を使って目の下を黒く塗っていたこと」だという。

メジャーリーグでは、「炭を塗っていた」という起源の影響かもしれませんが、現在も塗るスティックタイプが主流となっているようです。

日本でプレーする外国人選手も、今まで慣れ親しんだ塗るタイプを使っている選手が多いようです。

アイブラックの値段や購入先は

アイブラックにつきましては、シールタイプでも形や大きさの違うものや、塗るタイプのものなど、用途に合わせたり様々です。

シールタイプでも、数量をまとめて購入するとお得になっているようです。

値段についても、形や枚数などにより金額が違っていますので、興味のある方は参考までにご覧ください。

販売先店舗は、楽天やAmazonをはじめ、スポーツ店などです。



丹所健の目の下の黒塗りまとめ

今回は、丹所健選手の目の下の黒塗りは何なのか、名称や効果、そしてシールか塗るタイプかなどの種類や値段について調査しました。

丹所健選手の目の下の黒塗り は、「アイブラック」といい、屋外でスポーツをする場合に太陽光が目の下に反射し、まぶしさを軽減するためのものです。

多くは野球選手などが野球のデーゲームなどで使用しています。

外野手が外野フライを捕球する時など、太陽光によるまぶしさをを軽減するために使用しています。

今回は、駅伝競技で丹所健選手が使っておりますが、屋外で走る場合に太陽光のまぶしさを軽減するために、使用しているようです。

駅伝選手でアイブラックを使用するのは、丹所選手が初めてではないかと言われています。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる