歌広場淳の中絶した不倫相手のA子は誰?名前や顔画像は?

ゴールデンボンバーのメンバー・歌広場淳(うたひろば じゅん)さんが不倫の末に、相手女性が妊娠中絶に至っていたことが、「文春オンライン」で報道されています。

そこで今回は、歌広場淳さんの中絶した不倫相手のA子は誰なのか、名前や顔画像などを調べて見ました。

目次

歌広場淳の不倫相手のA子との出会いや経緯は

ゴールデンメンバーと言えば、4年連続で紅白歌合戦出場し、2013年にはシングル「女々しくて」がカラオケランキングで51週連続1位という、当時の新記録を樹立した大人気グループです。

そのメンバーの「エアーベーシスト」でライブの振り付けも担当している、歌広場淳さんが不倫の末、相手女性が切迫流産、妊娠中絶に至っていたことが文春オンラインから報じられています。

不倫相手のA子との出会いは

歌広場淳さんと不倫相手A子さんとの出会いは、昨年1月に都内の酒席で歌広場と出会ったそうです。

A子さん本人は、次のように話しています。

「淳くんとはLINEを交換しました。朝方にお開きになった後、二人でタクシーに乗ってホテルに行きました」

引用元:文春オンライン

その後、男女の関係になった2人はデートを重ね、歌広場さんの仕事先の地方で密会を重ねていたという。

北海道や伊豆に旅行することもあり、歌広場さんは「夫婦関係は破綻している」「ずっと一緒にいたい」と話していたそうです。

これに対し、A子さんはいずれ一緒になれるものだと思っていたという。

しかし、A子さんの妊娠が発覚したことで、2人の関係は急速に変わっていったようです。

歌広場さんは当初、逃げも隠れもしないし、ずっとそばにいるなどのメッセージをA子さんに送っていたそうです。

そしてA子さんは、次のように話しています。

「でも、すぐに『堕ろしてほしい』『認知はできない』と言われるようになって……。いつも避妊してくれなかったのに。私は産みたいと思っていたので、そこからは喧嘩しては仲直りを繰り返すようになりました」

引用元:文春オンライン

しかし、A子さんは妊娠14週にして破水し、妊娠中絶を選択せざるを得なくなりました。

そして、「人工妊娠中絶に対する同意書」の「配偶者」の欄には歌広場が本名でサインしたという。

A子さんは、胎盤が子宮内に残る「胎盤遺残」の症状に苦しみ、仕事も辞めるしかなかったそうです。

そして、通院が必要な来年2月まで、歌広場さんから生活費を受け取ることになったようです。

結局、歌広場さんに8月に第2子が誕生したことで、A子さんとの関係は修復不能になり、歌広場さんからの連絡は途絶えたという。

男としては、ちょっとけじめがつけられず、情けないというしかありませんね!

しかも、妊娠中絶で「胎盤遺残」の症状で苦しみ、仕事もやめることになったA子さんのショックは大きかったでしょう。

所属事務所の回答は

歌広場さんが所属する事務所では、次のように回答しています。

「ご質問につきましてはプライバシーの問題等もございますので、詳細をご回答することはできませんが、ご質問の前提となる事実に関しては概ねその通りでございます

引用元:文春オンライン

歌広場淳の不倫相手のA子は誰?名前や顔画像

現在のところ、歌広場淳さんの不倫相手のA子さんが誰なのか、名前や顔画像なども公表されていません。

現在までに分かっていることは、次のとおりです。

  • 相手の女性:A子さん
  • 年齢:20代
  • 知り合った時期:2020年1月
  • きっかけ:都内の酒席で知り合う
  • A子さんの状況:中絶後の「胎盤遺残」の症状で苦しむ・仕事を辞める。

みんなの声は

若者C

女性の方が可哀想みたいな記事だけど
結局どっちもどっちなんですよね。

女性B

不倫相手の女性も随分と自分勝手だと思いますが、歌広場さんも避妊もせず、本気をちらつかせて無責任だと思います。

会社員A

既婚者が避妊もせずの時点で人として最低ってA子さんは気付くべきだし、相手が誠意の欠片なんて全く持ち合わせてないのは明らかでしょ。

女性A

アーティストとして以前に「人として、どうなの?」となりますよ。

歌広場淳の中絶した不倫相手まとめ

今回は、歌広場淳さんの中絶した不倫相手のA子は誰なのか、名前や顔画像などを調べて見ました。

歌広場淳さんは、夫婦関係は破綻していると言い、不倫を続けていました。

しかし、不倫相手のA子さんが、切迫流産し妊娠中絶するという、結果になりました。

結局、A子さんとは修復不能になり、今回の状況になったようです。

現在のところ、A子さんの名前や顔画像などは公表されていませんが、A子さんのショックは大きかったでしょうね。

しかしネットでは、どっちもどっちという声もあり、今後の成り行きが気になるところです。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる