吉田夕梨花(カーリング)の仕事先や職場はどこ?東海大学出身で高校も調査!

カーリングの吉田夕梨花選手が、北京オリンピックの日本代表としてロコ・ソラーレから出場することが決まりました。

吉田選手を応援してきた職場の人たちも喜んでいるでしょうね。

そこで今回は、カーリングのロコ・ソラーレの吉田夕梨花選手の仕事先や職場はどこなのか、東海大学出身で高校も調査しました。

目次

吉田夕梨花のプロフィール

名前:吉田夕梨花(よしだ ゆりか)

愛称:ゆり

生年月日:1993年7月7日

年齢:28歳

出身地:北海道北見市

身長:152cm

所属:ロコ・ソラーレ

吉田夕梨花選手は、北海道北見市生まれの28歳です。

平昌オリンピックのカーリングの銅メダリストです。

2010年のLS北見結成時からのメンバーで、「リード」を担当しており、安定感のあるドローショットが武器で、ストーンの扱いが上手いという評判です。

チームメートの吉田知那美選手は実に姉です。

吉田選手は、母と姉がカーリングをやっていた影響から、5歳の時にカーリングを始めています。

吉田夕梨花の出身高校や大学は

高校時代

吉田夕梨花の出身高校は、北海道常呂高校です。

常呂高校は、1948年開校の道立校です。

カーリング部が強く、強豪校として有名で、多くのオリンピック選手を輩出していることでも知られています。

吉田選手は、当初は姉の吉田知那美選手らと「チーム常呂」のメンバーの一員として活躍していました。

その後、本橋麻里選手が立ち上げた「ロコ・ソラーレ」に、17歳という最年少で加入しています。

大学時代

吉田選手の出身大学は、東海大学 国際文化学部 コミュニケーション学科です。

吉田選手の大学時代の学部は、国際文化学部であり、英語を学ぶために進学しています。

キャンパスが札幌にあったことや、親元を離れて暮らすことに憧れを持っていたことから、同大を選択したようです。

大学時代も「ロコ・ソラーレ」のチームに所属していましたが、給料をもらってカーリングを続けていくことに責任を感じ、当初は戸惑いのようなこともあったそうです。

大学3年生の時にソチオリンピックがありましたが、出場はできませんでした。

その時は、姉の吉田知那美選手が出場しましたが、お互いにライバルチームだったため、家族は応援しづらかったようですが、普段通りに接してもらい感謝していると話しています。

でも、大学4年生の時に、姉が「ロコ・ソラーレ」に加入したことから、再びチームメートになりました。

吉田夕梨花の主な戦績

吉田夕梨花選手の主な戦績は、次のとおりです。

2012年:日本カーリング選手権 銀メダル

2015年:パシフィックアジアカーリング選手権 優勝

2016年:日本カーリング選手権 金メダル

2018年:平昌オリンピック銅メダル

2021年:日本カーリング選手権 銀メダル

大きな大会では素晴らしい成績を収めています。

平昌オリンピックの銅メダルは凄かったですね~

北京オリンピックでも、メダルを狙ってもらいたいですね。

吉田夕梨花の仕事先や職場はどこ?

吉田夕梨花選手の勤務先は、北海道北見市にある、医療法人「美久会」です。

「美久会」は、皮膚の専門病院であり、4つのクリニックを経営しています。

そのうち吉田選手は、国分皮膚科に属しているそうです。

吉田選手が所属する「ロコ・ソラーレ」が2016年に日本選手権で優勝した時には、オーナーからチームに沖縄旅行のプレゼントがあったそうです。

「ロコ・ソラーレ」のスポンサーということもあり、切符がいいですね~

ご褒美があることは、選手のモチベーションが違うでしょうね!

医療法人「美久会」国分皮膚科は下図のとおりです。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる